[Tony2018] Escape To Margaritaville@Marquis Theatre(210 W. 46th St.) 2018/02/27

escapetomargaritaville『Escape To Margaritaville』は、日本では想像できないほど現地で人気の高いシンガー・ソングライター、ジミー・バフェットの既成楽曲を使った作品で、バフェットの世界観に寄り添った南国楽園志向のオリジナル・ストーリーが書き下ろされている(脚本グレッグ・ガルシア&マイク・オマリー)。ざっくり言うと、カリブ海の小島にあるマルガリータヴィルというバーを起点に繰り広げられる大人の恋愛物語。
上演されているマーキーズ劇場はマリオット・マーキーズ・ホテルの2階にあるのが特徴で、そのせいか、娯楽性の強い、ラスヴェガスで上演されてもいいような作品がラインナップされることが多いが、この作品も気分的にはその路線。軽いシングアロング状態となることもしばしば。トニー賞には完全に無視されたが、面白くないわけじゃない。
演出は『Come From Away』のクリストファ・アシュレイ。南国的音楽、火山の爆発、といった要素が昨年11月にプレヴューを開始した『SpongeBob Squarepants:The Musical』と共通する偶然は、後で「なるほど」と思うような時代的必然があるのだろうか。

★from WEBsite Misoppa’s Band Wagon (05/03/2018)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中