[Tony2018] SpongeBob SquarePants:The Musical@Palace Theatre(1564 Broadway) 2017/11/30

spongebob『SpongeBob SquarePants:The Musical』は、音楽のクレジットに複数のロック系ミュージシャンの名前が挙がっていたので、てっきり既成曲を使ったジュークボックス・ミュージカルかと思っていたら、とんでもない。TV版や映画版とも違う、ほとんどが書き下ろしという贅沢な作りになっていることがわかって、うれしくなった作品。
スポンジ・ボブたちの住む平和な海底都市に大きな地震が起こることをきっかけに始まる混乱と陰謀。地震の原因である火山の噴火を止められるのか? 陰謀の行方は? という話の中で、様々なキャラクターが自己主張的ショウ場面を繰り広げる。
アイディアいっぱいの装置の中で展開されるショウ場面の1つ1つが楽しく、シンディ・ローパー(『Kinky Boots』)、サラ・バレリス(『Waitress』)といったミュージカルでもすでに業績のある人から、ジョン・レジェンド、フレイミング・リップス、パニック!アット・ザ・ディスコ、スティーヴン・タイラー&ジョー・ペリー(エアロスミス)、ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツといった面々までの書く楽曲もいい。といった具合で、大人も十分に楽しめる出来。
演出は、オフの名作『Floyd Collins』をアダム・ゲテール(作曲・作詞)と組んで作ったティナ・ランドウ。
日本人観光客としては、地震の後に根拠なく住民たちを家に帰そうとする市長の姿が現実とダブってゾッとした。

★from WEBsite Misoppa’s Band Wagon (05/01/2018)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中