[Tony2018] The Band’s Visit@Barrymore Theatre(243 W. 47th St.) 2017/10/30

thebandsvisit『迷子の警察音楽隊』という“邦題”にお聞き覚えはないだろうか。元はエラン・コリリン監督・脚本による2007年のイスラエル映画で、第20回東京国際映画祭に出品され、最優秀作品賞に当たる東京サクラグランプリなる賞を受賞している。
今回のミュージカル化舞台は、昨年秋にオフのアトランティック・シアター・カンパニーのホーム、リンダ・グロス劇場で上演され、好評を得て複数の賞も獲得。1年の時を経てブロードウェイに登場することになった。
楽曲作者のデイヴィッド・ヤズベクは、この『The Band’s Visit』以前に3本のブロードウェイ・ミュージカルの楽曲を書いている。時系列で並べると、次の通り(日付はプレヴュー開始日~終演日)。
『The Full Monty』(2000年9月25日~2002年9月1日)
『Dirty Rotton Scoundrels』(2005年1月31日~2006年9月3日)
Women On The Verge Of A Nervous Breakdown』(2010年10月8日~2011年1月2日)
他に、2004年の『Bombay Dreams』にも追加の作詞で関わっているが、これは別扱いでいいだろう。
『The Full Monty』は3作品の中では最も当たった作品で、失業した労働者たちが男性ストリップでひと山当てようとする、笑って泣ける話。ヤズベクの楽曲は、<基本にファンキーなR&Bテイストがあって、ビート感が強い。それが、ブルーカラーの街のぶっちゃけた気分を出しているし、舞台に今日的な印象を加えてもいる。そうした中に、シンガー・ソングライター的な感触のバラードが時折交じって、しんみりした心情を伝える。さらには、陽気なラテン・ナンバーも1曲用意されていて、華やかでユーモラスな彩りを添える。>……と、これは当時サイトに書いた感想から。ヤズベクのことを、<器用さを持つと同時にアメリカン・ミュージックの魅力の核もつかんでいるように見える>とも書いている。続く2作の楽曲も、基本的には同じ印象。ただ、『The Full Monty』には、年嵩の一見ショボいオヤジがオーディションにやって来て意外にもファンキーに踊りまくる「Big Black Man」と、最後の“フル・モンティ”(素っ裸)に向けて盛り上がるストリップ・ショウのナンバー「Let It Go」(もちろんディズニーの“あれ”とは別曲)という強力な2曲があり、これが後続作品より興業的にうまくいった要因の1つだと思われる。
『Dirty Rotton Scoundrels』の元は1988年の同名アメリカ映画で、邦題『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』。それ自体が1964年の映画『Bedtime Story』(邦題『寝室ものがたり』)のリメイクらしい。リゾート地を舞台にした2人の詐欺師の丁々発止の駆け引きがあって、そこに若い女性詐欺師が絡むという、いわゆるコン・ゲームがその内容。ここでのヤズベクの仕事ぶりは、設定に沿って『The Full Monty』よりヨーロッパ寄りに幅を広げた……と言うか、昔風のミュージカル・ナンバーが増えた感じ。歌の内容に合わせてカントリー調の楽曲もある。
Women On The Verge Of A Nervous Breakdown』の元は1988年スペイン映画で、スペイン語タイトルが「Mujeres al borde de un ataque de nervios」。邦題『神経衰弱ぎりぎりの女たち』同様、英語タイトルも直訳のようだ複数の男女の恋愛狂騒曲といった内容で、筋が入り組んていて、そこが面白いはずなのだが、あまりうまくいっていない。この作品のヤズベクの楽曲には、舞台がスペインであることに合わせてフラメンコ色が加わったものや、若干だがダブ感覚が入ったものが含まれる。

以上3作の全てで、ヤズベクはトニー賞の楽曲賞候補になり、受賞は逃している。
実のところ、『The Band’s Visit』におけるヤズベクの楽曲は、過去3作とは少し印象が違う。
物語の舞台は1996年のイスラエル。そこに伝統あるエジプトの警察音楽隊8人が親善のためにやって来る。翌日、ペターティクヴァ(Petah Tikva)という町の文化センターで演奏することになっているのだが、空港に来ているはずの迎えがいない。うまく連絡もとれず、しかたなく自力で目的地へ向かうことにする。ところが、乗り込んだバスの着いた先は、発音のみ似て実態は非なるベターティクヴァ(Bet Hatikva)という砂漠の中の小さな町だった。戻りのバスはすでになく、また宿もなく、その日は、最初に訪ねた食堂の女主人の厚意で、3組に分かれて別々の家に泊めてもらうことになる。そんな経緯で始まる、一筋縄ではいかない関係にあるエジプトとイスラエルという国の、めったに巡り合うことのない“普通の人々”が共に過ごす一夜の物語。
原作の映画を観ていただくとわかるが、最大の事件は発端で音楽隊が違う場所に着いてしまうことだけで、後は淡々と進んでいく。日常言語が通じ合わないアラビア語とヘブライ語なので、共通言語の英語でたどたどしく話すことも、それに輪をかける。にもかかわらず、観ていて飽きることがない。ユーモラスで、苦味もあり、静かに感動する。
舞台版も、ほぼ同様の展開で、実に淡々としている。一般的なミュージカルのソング&ダンスというイメージからは遠いと言ってもいいかもしれない。音楽隊だけに、登場人物が楽器演奏をする場面もあるが、控えめだ。場面転換も、舞台が静かに回転するスタイルで、派手さは全くない。
したがって、ヤズベクの楽曲も、これまでと違って抑え気味。むしろ“沁みる”系のナンバーが多い。そういう意味では、新たな気持ちで臨んだプロダクションだったのではないだろうか。そして、それが成功している。
ちなみに、演出のデイヴィッド・クローマーはもっぱらストレート・プレイを手掛けてきた人。こうした舞台には、むしろ向いているのだろう。

★from WEBsite Misoppa’s Band Wagon (02/12/2018)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中