ANOTHER WORLD/Killer Rouge@東京宝塚劇場 2018/7/4 13:30

紅ゆずる、ついに本領発揮! 星組トップ・スターとしての自信に満ちあふれた舞台。いや、正直ここまで長かった。期待されながらクラシックで2着続きだった素質馬が3歳暮れの有馬記念で勝つ、みたいな(笑)。

『ANOTHER WORLD』(作・演出/谷正純)は、紅ゆずる率いる星組にしかできない、宝塚としては破格のコメディ。
サブタイトルが「RAKUGO MUSICAL」で、落語の死後の世界にまつわる複数の噺を寄せ集めて作られているが、中心になる噺が上方落語の「地獄八景亡者戯」(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)。これが成功の元。コテコテの大阪人、紅ゆずるに演じさせるにあたり上方落語の大ネタを持ってくるなんざ、あ~た、さすが谷先生、エラい!
あたくし上方落語に暗いもので、このネタ知らなかった。おかげさまで観劇後、ネットで亡き米朝師匠の口演を拝見。シビレました。
てなわけで、紅ゆずるも大阪弁遣い放題で自由闊達に演じまくる。一方、二番手の礼真琴は江戸川生まれ。なもんで、こちらは江戸弁。西と東をないまぜにしたことで舞台の間口が広がり、観客も入りやすくなって、これもうまく転がった一因かと。
全てが完璧かというと必ずしもそうでもなく、いろいろと入れ込んだ他の噺との整合性とか、宝塚歌劇が避けて通れない各生徒の見せ場作りとかについての腐心が見え隠れもするが、そこを紅ゆずるの求心力で半ば強引に運んでいく。貧乏神役・華形ひかるの助演も効いていた。この2人、相性がかなりいいのでは?

一方のショウ『Killer Rouge』も、紅ゆずるの“洗練されすぎない”カッコよさが全編にあふれて、出色の出来。つられて他のメンバーもいきいき。テンションが高かった。
終盤の西城秀樹ナンバー以降の一気呵成な展開に、今回の星組の勢いが集約されている気がする。これからが楽しみ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中