[Tony2019] Pretty Woman: The Musical@Nederlander Theatre(208 W. 41st St.) 2018/07/30 20:00

IMG_0741

ヒットした同名映画の舞台ミュージカル化だが、舞台ならではの面白さがあって、ありがちな移植作に留まらない、いい作品になっている。一見の価値あり。

ということで、これからご覧になる予定の方は、ここから先は観劇後に読まれることをオススメします。

映画版の脚本家J・F・ロートンと、監督だった(日本ではゲイリーで通っている)ギャリー・マーシャル(2016年7月逝去)が共同で舞台用に脚本を手直ししている。
話は基本的に映画と同じ。一点違っているのは、ハッピー・マンという狂言回しが出てくること。ホームレスのような扮装で町中に登場し、主要な舞台となる高級ホテルでは衣装を替えて支配人となるこの男、ここぞというタイミングで現れて、主人公カップルの出会いから結末までを差配する神のごとき存在。彼がいるおかげで、出来すぎのストーリーも笑いながらすんなり飲み込める。
あ、話はごぞんじですよね? 遣り手実業家と娼婦とのバブル風味恋物語@ロスアンジェルス。

その狂言回しも舞台ならではの面白さの一つだが、この舞台版のキモは第2幕のオペラの場面にある。
主人公カップルが『La Traviata』(椿姫)を観にいき、オペラの主人公ヴィオレッタの悲劇に激しく感情移入するヒロインを見て、クールな遣り手実業家の心が動く。主人公たちの境遇とオペラのストーリーとが似ていることもあり、映画では、どちらかと言えば論理的にアタマで「なるほど」と理解する場面。
ここに舞台版は力点を置いた。歌える男女の役者を据え、前面に立ててオペラの歌を聴かせる場面に仕立てたのだ。観客は、ヒロインと同視線で、あるいはヒロインの感情移入がどうこうの前に単純に観客として、彼らの歌唱にグッとくる。この場面の充実ぶりで舞台作品として格が一段上がった。
ヴィオレッタ役がアリソン・ブラックウェル、相手のアルフレッド役がブライアン・カリ。ことにブラックウェルは素晴らしい。このクラスの歌い手がアンサンブル兼任で出演している辺りがブロードウェイの凄さ。

ちなみに、このミュージカルには映画で使われたロイ・オービソンの「Oh, Pretty Woman」は登場しない。楽曲は、オペラ以外は全て、ブライアン・アダムスと盟友ジム・ヴァランスのカナディアン・コンビが2年かけて書き下ろしている。楽曲に関しては真っさらの新作だ。それも楽しみの一つ。
さらに、演出・振付が、『La Cage aux Folles』『Kinky Boots』でトニー賞振付賞を受賞しているジェリー・ミッチェルだけに、ダンス・ナンバーもふんだん。盛り上がる。

役者で光るのは、懐の深いハッピー・マン役のエリック・アンダーソンと、その部下的な存在(天使?)の、ダンスが達者でユーモラスなホテル従業員ジウリオ役トミー・ブラッコ。
ヒロイン役のサマンサ・バークスは映画版『Les Miserables』でエポニーヌを演じて注目を浴びた人。イギリス出身だけにウェスト・エンドを中心に活躍してきていて、これがブロードウェイ・デビュー。充分に魅力的。
相手役のアンディ・カールは、看板役者となった『Rocky』『Groundhog Day』が内容的にも興行的にもイマイチだっただけに、ようやく当たりをつかんで喜びも一入(ひとしお)だろう(と感情移入してみる)。
ヒロインの親友役で活躍するオーフェは実人生ではアンディ・カールの連れ合い。

正式オープンの8月16日を前に、チケット売れ行き好調のニュースが流れている。興味のある方はお早めに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中