[Tony2019] Head Over Heels@Hudson Theatre(141 W. 44th St.) 2018/07/31 19:00

IMG_0717予備知識としては、ゴー・ゴーズの楽曲を使った中世のイギリスが舞台のジュークボックス・ミュージカル。でもって、脚本が『Avenue Q』のジェフ・ウィッティ、演出が『Spring Awakening』初演版のマイケル・メイヤー。さて、どんな仕上がりか。

ひと言で言うと、『夏の夜の夢』(Midsummer Night’s Dream)をモンティ・パイソン風味にしたようなLGBTQミュージカル。実は、話の大元は16世紀のイングランドの詩人フィリップ・シドニーの『Arcadia』だとプレイビルには書いてあるのだが、みなさんご存知ないだろうし、こちらもよく知らないので、シェイクスピア作品のイメージでお茶を濁させていただく。
とある王国を舞台に、身分や性別を超えたラヴ・ストーリーが複数展開し、紆余曲折を経てハッピー・エンドで終わる。それだけの話だが、“身分や性別を超え”る辺りに“今”の価値観が盛り込まれているのがキモで、登場人物の魅力的な個性と相まって、退屈せずに観ていられる。『Avenue Q』や『Spring Awakening』の衝撃を期待すると肩透かしかもしれないが、悪くはない。
最も盛り上がるのが、第二幕中盤の「Heaven Is A Place On Earth」をバックにノリノリに展開する王と王妃の愛欲影絵シーン、ってことからもわかるように、けっこう俗っぽくセクシャルでもあり、その辺は好みが分かれるかも。
ちなみに、同曲はゴー・ゴーズではなくリード・ヴォーカルのベリンダ・カーライルのソロ・ナンバー。楽曲はいずれも場面とうまく合ってはいるが、全体的にはゴー・ゴーズの楽曲である必然性が薄い気がするのが弱点か。フェミニズムの線を狙ったのだろうが、やはりオリジナル楽曲が欲しかった気がする。

役者では、王の副官の娘役テイラー・イマン・ジョーンズがいきいきした演技で光る。
これがブロードウェイ・デビューとなる、王の豊満な娘役ボニー・ミリガンも、これを機に注目されるだろう。
事実上の主役である、とぼけた羊飼い役アンドリュー・デュランドは実に達者。
そして王妃役は、いつまでも若々しいレイチェル・ヨーク。
ドラック・クイーンとして知られるペパーミントも、これでブロードウェイ・デビュー。

入りが芳しくないらしいので、気になる方はお早めに。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中