NARUTO~ナルト~@新橋演舞場 2018/08/10 11:00

IMG_0800

脚本・演出のG2が、貫地谷しほり×一路真輝版『ガラスの仮面』(2014年初演)に勝るとも劣らない巧みな超ダイジェスト版に仕上げた。……と言いつつ実は原作は読んだことがない(苦笑)。なので、原作のファンの方は、あれが足りない、これが足りない、と思うのかもしれないが、『NARUTO~ナルト~』@新橋演舞場は、舞台版としては問題なく楽しめた。

ここで、「そもそも」という話を。
四代目を継いだ当代猿之助が「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)」と銘打って、第一弾『空ヲ刻ム者~若き仏師の物語~』(作・演出/前川知大)を新橋演舞場で上演したのが2014年3月。題材的にも演出的にも先代の「スーパー歌舞伎」色が濃く残る仕上がりで、興行的には知らないが、舞台の成果としてはイマイチだった。
その反省があったのかどうか、2015年10月の第二弾は、打って変わって大ヒットしたコミック作品『ワンピース』の舞台化となった(脚本・演出/横内謙介、演出/市川猿之助)。前作の説教臭さはほぼ消え、やや暑苦しい“友情”を芯として残す娯楽活劇作品として、質的にも変身を遂げており、新鮮な舞台となって人気を呼んだ。
新鮮さの一因は、澤瀉屋一門以外の若手歌舞伎役者の起用。主要キャストとして登場した、板東巳之助(大和屋)、中村隼人(萬屋)の活躍が、舞台に若々しさをもたらした。
そして、2017年10月の新橋演舞場での『ワンピース』再演。猿之助の思わぬ負傷により、前年の松竹座・博多座公演から参加していた尾上右近が主演を務めることになる。これは、演舞場での再演時に試みられた、宝塚歌劇の新人公演に似た若手中心のキャスティングによる「麦わらの挑戦」という、料金が若干安いマティネ公演に準じた座組みで、結局、公演期間中の猿之助の復帰はかなわず、(尾上)右近、巳之助、隼人、(坂東)新吾らを軸にした上演となった。

これが『NARUTO~ナルト~』前史。
『NARUTO~ナルト~』の冠が「スーパー歌舞伎Ⅱ」ではなく、「新作歌舞伎」となっているのは、猿之助の立場が一歩引いたものになっているからだろう。だが、題材といい役者の布陣といい、明らかに『ワンピース』からの流れの中で作られている。

今作の最大の収穫は、メインの役者になった巳之助(うずまきナルト)、隼人(うちはサスケ)の演技から自信が感じられるようになったこと。中軸役者が相次いで亡くなって人材不足気味の歌舞伎界。若手の成長が待ち望まれるところだが、こうした大きな舞台での経験が本格的歌舞伎の演技にもプラスとなって返ってくるのを期待する。
貫禄が出てきた猿弥、不気味さが増した(笑)笑三郎、ラスボスとしてのハッタリ充分の愛之助が、若手二人を押し立てながら、『ワンピース』より役者陣が手薄になったことを感じさせない踏ん張りで、がっちり舞台を支えていた。

今後もこの系譜が続いていくのかどうかわからないが(ウケてるから続けるんだろうな)、あくまで「新作歌舞伎」の意識で、より歌舞伎寄りに進んでいってもらえれば、と、歌舞伎の面白さに触れてきた者としては願う。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中