The Chronicle of Broadway and me #029

★1992年5月~6月(その3)

#28で引用したフランク・リッチによる『Five Guys Named Moe』批判の中の「実際の内容以上に見せかけるユーロ・ディズニーランドのハッタリのごときウエスト・エンドの美学」という表現は、『Miss Saigon』(@Broadway Theatre 1992年5月26日 20:00)にはそのまま当てはまる。
オープンの年にチケットを入手できなかった話題作を1年後に観ての当時の感想は次の通り。

<ごぞんじロンドン産のヒット・ミュージカルで、昨年4月ブロードウェイに上陸し、キャスティングの人種問題等の話題を振りまきながらニューヨークでも大ヒットとなった。昨年はチケットが取れなかったが、今年は公演前日に劇場窓口で買って前から12列目の中央の席だったし、隣席のアメリカの老婦人は当日買えたと言っていた。このチケットの売れ行きの鈍りと無関係ではないと思われるのが、主演の交代。昨年のトニー賞の主演男優賞と主演女優賞を獲ったジョナサン・プライス(休暇中とか)とレア・サロンガが、それぞれフランシス・ルイヴィヴァーとライラ・フロレンティーノに替わっている。今の2人も悪くないけど最初の2人は本当によかったと、オリジナルのキャストでも観たという隣席の婦人は幕間に言っていた。
オリジナル・キャストの印象が強く残るという現象は一般的なものだろうから断言はできないが、エンジニア(ポン引き)を演じたジョナサン・プライスに関しては、昨年トニー賞授賞式で披露されたショウの一部をTVで観た限りでは、やはりその個性はかなり強烈。本筋のベトナム女性とアメリカ兵とのメロドラマ(サイゴン陥落前の出会いから始まり、アメリカ兵の脱出・帰国、女性が出産した子供を巡る問題へと進む)の底が浅いために、本来なら狂言回しの立場にあるエンジニアが実質的主役にならざるを得ず、ショウの成否は、舞い下りる実物大のヘリコプターやキャディラックやダンス・ナンバー等にではなく、ひたすらエンジニアという人物の魅力にかかる。そんな中でフランシス・ルイヴィヴァーもかなり善戦したが、ドラマ自体の弱さをカバーするには到らなかった、というのが率直な感想。これがプライスならOKだったのかどうか。観て確かめたい気もするが、今は2度も観たくないという気持ちの方が強い。アジア系の人たちが多く観にきていたが、後味が悪くはなかっただろうか。
大詰めでエンジニアが歌う「The American Dream」というナンバーが『Gypsy』の中の「Rose’s Turn」によく似ていた。>

「キャスティングの人種問題」というのは、ヴェトナム人であるエンジニアをイギリス人俳優のジョナサン・プライスが演じることに対するアメリカの俳優組合の抗議だったと思う。アジア系の役者が演じるべきだ、という。
ちなみに、フランシス・ルイヴィヴァーはエンジニアを演じた最初のアジア系アメリカ人俳優として歴史に名を残す。血筋は中国×フィリピンで、香港生まれハワイ育ちだとか。残念ながら2001年に白血病で亡くなっている。享年40歳。

この作品自体に対する低評価は今も変わらない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中