The Chronicle of Broadway and me #32

★1992年5月~6月(その6)

c4u001

『Crazy For You』(@Shubert Theatre 5月29日20:00)のロングランは約4年。その間に(ブロードウェイ版だけで)11回観ている。基本、より多くの作品を観たいと思うので、同じ作品を重ねて観ることはめったにないのだが、『Chicago』と並んで例外的に複数回観ている作品。大好きだった。
まずは、観劇当初に書いた感想の作品概略部分を。

<『Crazy For You』は、アイラ(作詞)&ジョージ(作曲)・ガーシュウィン兄弟による1930年開幕の『Girl Crazy』の改訂版リメイク。
①1930年代という時代設定、②主人公がニューヨークから田舎町(旧作アリゾナ州カスターヴィル→新作ネヴァダ州デッドロック)にやって来てショウを開く、③そしてその町の女性と恋に落ちる、といった点を踏襲していて、基本的にはユーモラスでロマンティックな、典型的なミュージカル・コメディ。この新作の“売り”は、そのオールド・ファッションドな枠組みを使って、ガーシュウィン兄弟の名曲と、タップをふんだんに盛り込んだ粋で華やかなダンスを、たっぷり聴かせ、見せるところにある。

ガーシュウィン兄弟の曲は、元々あった6曲(「Bidin’ My Time」「Embraceable You」「I Got Rhythm」「But Not For Me」等)に、未発表だったりして知られていなかった4曲、昨シーズン(1990/1991)のリヴァイバル公演は討ち死にした1926年のOh, Key!』の「Someone To Watch Over Me」、ジョージ・ガーシュウィン最期の年のフレッド・アステア映画2本、ジンジャー・ロジャーズとの『Shall We Dance?』(踊らん哉)及び、ジョージ・バーンズ、グレイシー・アレンと組んだ『A Damsel In Distress』(踊る騎士)から7曲(「They Can’t Take That Away From Me」「I Can’t Be Bothered Now」「Nice Work If You Can Get It」等)他を加え、質量共に充分すぎるほど。
タイトルを記したものからもわかる通り、スタンダード・ナンバーとして知られている曲も多数ある。

そしてダンス。結局このショウはトニー賞のベスト・ミュージカルに輝くのだが、同時に振付でもトニー賞を獲得する。それが充分に納得できる、アイディアに満ちた素晴らしいダンス・ナンバーが次々に登場。>

……と、これが1992年5月に初めて観た後で書いた感想の前半部分。続いて、ブロードウェイ最終公演(1996年1月7日20:00)を観た後に書いた詳細なレポート。

<ここでお断わりしておくが、『Crazy For You』には無駄なシーンが一つもないのである。ショウ場面を見るために、メロドラマの部分を忍耐する必要がない。
ショウ→スケッチ→ショウ→スケッチ→ショウ
という具合に、ヴァラエティ風につながり、しかも、結局はちゃんとドラマになっているのが、ミソだ。

実は、この文章は、映画『The Band Wagon』(邦題:バンド・ワゴン)について小林信彦氏が書いた文章(「われわれはなぜ映画館にいるのか」晶文社→「映画を夢みて」筑摩書房)の作品タイトル部分を入れ替えただけのものなのだが、これが『Crazy For You』の特長をほぼ言い当てている。
「ショウ」というのはもちろんソング&ダンスの場面。「スケッチ」というのは、例えばランダムハウス英和大辞典を見ると「(ボードビルなどのユーモラスな)短い劇、寸劇」とある。『Crazy For You』には、この二つ以外の要素は全くと言っていいほどない。

ストーリーを要約すると、1930年代、ニューヨークで銀行を経営する母親の元にあってダンサーへの夢を捨て切れず、ブロードウェイの大プロデューサー、ザングラーに売り込みを繰り返している不肖の息子ボビーが、母親の命を受けてネヴァダ州のちっぽけな町デッドロックにある古い劇場を差し押さえに行き、劇場の所有者の娘ポリーに恋してしまう話。

第1幕。
前述のような事情でネヴァダに向かったボビーが、ポリーに恋したあげく、件の劇場でショウを開いて抵当権を買い戻そうと提案するが、差し押さえに来た銀行の人間だという正体がバレてフラれたため、ザングラーに化け、ブロードウェイから旧知のテス率いるザングラー・ガールズを呼び寄せて再度デッドロックに乗り込む。
で、ポリーに横恋慕する宿屋主人ランクの横槍や、望まざる婚約者アイリーンの突然の来訪、男性ダンサー(デッドロックの男たち)の出来の悪さを乗り越えて、なんとかショウを仕立て上げるものの、宣伝不足で客が一人も来ない。
責任を痛感するザングラー(実はボビー)に、こんなにデッドロックの人間たちをいきいきさせてくれた、とポリーが礼を言う。そこに本物のザングラーが惚れてるテスを追って人知れず到着する。

第2幕。
ポリーは偽ザングラーに恋してしまうが、本物のザングラーの出現でボビーの二役だったとバレる。余計に気分を害したポリーだが、劇場明け渡しの期日も迫っていた。
もう一度ショウに挑戦して劇場を取り戻そうとボビーが提案し、怒っていたはずのポリーは乗るが、町のみんなやガールズはあきらめ気分。
万策尽きたボビーはニューヨークに帰る。ところが今度は本物のザングラーが、テスの願いもあってプロデュースを買って出る。
一方ニューヨーク。抜け殻のようなボビーを元気づけようと母親が誕生日にプレゼントしたのは、ブロードウェイのザングラー劇場。ザングラーが劇場を手放した理由(ショウのための資金作り)に気づいたボビーはデッドロックへ急ぐ。
その頃デッドロックではボビーのアイディアによるショウが大ヒット中。ところが主役のポリーはボビーへの思い断ちがたく、ニューヨークへ。あわや二人はすれ違いか、というところから一気にハッピー・エンドへ。

第1幕11景、第2幕6景の構成だが、この内、歌もダンスもないのはわずか3景。しかも、いずれも短い。順を追って簡単にミュージカル・ナンバーを挙げる(曲目の後のは盛り上がり度と言うかショウ場面としての規模を示す)。

[第1幕]

第1景。
「K-ra-zy for You」
大プロデューサー、ザングラーを強引に説得して舞台裏でオーディションを受けるボビーのソロ・タップ。観客への軽い挨拶といったところ。

第2景。
「I Can’t Be Bothered Now」★★★
ボビーと、なぜか自動車の中から次々に現れる女性ダンサーたちのユーモラスで華麗なタップ・ダンス。女性ダンサーはボビーの幻想の中の存在で、第2幕終盤に再登場する。

第3景。
「Bidin’ My Time」
ポリーとデッドロックの男たち(オリジナル・キャストではマンハッタン・リズム・キングズというトリオ)の、のんびりした歌。
「Things Are Looking Up」
ボビーがポリーに一目惚れして歌う心の中の歌。

第4景。
「Could You Use Me?」
口説くボビーと戸惑うポリーの掛け合いの歌。ボビーが迫りポリーが逃げるアクションが次第に早くなり、次のナンバーにそのままつながる。ボビー役がアクロバティックな動きを垣間見せる。

第5景。
「Shall We Dance?」★★★歌はボビーのソロだが、ボビーとポリーによるアステア&ロジャーズ張りの長いデュオ・ダンス・ナンバー。2人の高まる想いがダンスでわかる。

第6景はミュージカル・ナンバーなし。

第7景。
「Entrance to Nevada(Stairway To Nevada/Bronco Busters/K-ra-zy for You)」★★
ネヴァダの地平線に横一列に並んだシルエットで現われるザングラー・ガールズ。デッドロックの町に入るや一斉に踊り始める。翻弄される町の男たち。そこに現われるザングラーに変装したボビー。ダンスのフィニッシュは山のように積み上げたトランクの上に立って見栄を切るボビー。
「Someone to Watch Over Me」
劇場を救ってくれると言う頼もしいザングラー(ボビー)にほのかな恋心を抱いたポリーの歌。

第8景はミュージカル・ナンバーなし。ただし、ここでギャグとして使われる振付練習の動きが次の景で本当のダンスとして出てくる。

第9景。
「Slap That Bass」★★★
町の男たちのダンスの質がひどく、クサるボビーだが、1本のベースがきっかけでリハーサルが盛り上がる、という長いナンバー。ロープを弦に、ガールズをベースに見立てたアイディアを初めて観た時には息を呑んだ。
「Embraceable You」
チーク・ダンスを踊りながら、ポリーが偽ザングラーに熱い想いをユーモラスに告白する。

第10景。
「Tonight’s the Night」
初日開演前の楽屋で準備しながら、いよいよ本番だ、とみんなで歌う。途中に、ボビーがザングラーに化けていることから来る誤解のギャグがいくつか挟み込まれる。

第11景。
「I Got Rhythm」★★★★
観客が1人も来ず責任を感じる偽ザングラーのボビーに、ポリーは、みんながこんなに明るくなったのはあなたのおかげ、と励ます。歌と踊りの輪が広がり、町中お祭り騒ぎになる。様々な小道具が登場。全編中最もアイディアの詰まった、最も長いナンバー(オリジナル・キャストCDで見ると7分34秒ある)。

[第2幕]

第1景。
「The Real American Folk Song(is a Rag)」
ランクの宿屋のサルーンで(オリジナル・キャストではマンハッタン・リズム・キングスが)ジャグ・バンド演奏。
「What Causes That ?」★★
真ザングラーと偽ザングラー(ボビー)が共に酔っぱらい、シンクロした動きで大いに笑いをとった後(『Lend Me A Tenor』『Moon Over Buffalo』でも観られる脚本家ケン・ラドウィグの得意技)、ユーモラスなアクションを見せながら歌うデュオ・ナンバー。

第2景。
「Naughty Baby」★★
ボビーを追ってやって来た欲求不満の婚約者アイリーンが、町の男たち4人を従えて、フェロモン全開でランクに迫る“艶笑”ナンバー。女が男に馬乗りになるのは振付スーザン・ストロマンのお気に入りスタイル。

第3景。ミュージカル・ナンバーなし。セット替えのための短い幕前芝居だが、それを思わせないアイディアがある。

第4景。
「Stiff Upper Lip」★★★
劇場に集まって今後のことを話し合うみんなを励ますためにイギリス人旅行者カップルが歌い始める人生の応援歌。やがて全員のタップ・ダンス合戦に突入。最後は椅子のバリケードが出来上がって旗が振られ、『Les Miserables』状態に。
「They Can’t Take That Away from Me」
デッドロックを去ることにしたボビーが未練いっぱいでポリーに歌いかける傷心のバラード。
「But Not for Me」
ボビーを引き止めなかった自分を悔いるようにポリーが歌う傷心のバラード。

第5景。
「New York Interlude」
ニューヨークの街角を行き交うオシャレな男女のファッション・ショウのような動き。
「Nice Work If You Can Get It」★★★
第1幕第2景で登場した幻想の女性ダンサーたちと再び歌い踊るボビー。今度はタップなしの抑えた調子。ダンサーたちが消えた後のボビーの長いソロ・ダンスは、主役最大の見せ場。

第6景。
「Bidin’ My Time(French Reprise)」
新装なったランクのサルーン前で(マンハッタン・リズム・キングスが)フランス語で第1幕第3景のナンバーをテンポ・アップして歌う。
「Finale」★★★★
デッドロックに戻ったボビーに町のみんなが「Shall We Dance」を歌いかけ、次いで花嫁姿のポリーとボビーが流麗な調子の「I Got Rhythm」に乗って踊り始める。背景のデッドロックの町は消え、舞台上はジーグフェルド・フォリーズ風の華やかなステージに早変わり。ボビーとポリーが踊っていた舞台中央部分の床がゆっくりとせり上がり、孔雀のように着飾ったショウ・ガールズが2人を彩るように次々に現われ、踊り終えた主役2人がポーズをとって、幕。
すぐにオーケストラ演奏が始まり、カーテン・コール。テンポの速い「K-ra-zy for You」に始まるメドレーに乗って脇役から順に出てきて挨拶。ポリー、ボビーと出てきたところで演奏がゆったりした「Embraceable You」に変わり、全員が歌いながらそれぞれペアを組んで踊る。歌詞の最後の“you”をきっかけにいきなりテンポ・アップして曲は「I Got Rhythm」に。第1幕第7景と同じようにザングラー・ガールズが横に並んで登場、威勢よくタップが始まる。他のキャストもそれに加わり、最後は全員が横一線になってのタップの嵐で再び幕。

ね、見せ場が多くて退屈してる暇がないでしょ。おまけに、隙間を埋め尽くすようにケン・ラドウィグの仕込んだギャグが炸裂するから、楽しいことこの上ない。細かい辻褄なんて、まるで気にならない。(中略)そう言えば、日生劇場で四季版を観た時(1997年2月22日)、帰りに前を歩いていたカップルがフィナーレについて、「なぜあの町が突然あんなショウのステージに変わるのかわからない」と言っていて、ああ、この人たちとは永遠に友達になれないなと思ったりしたものだ。>

#25でも書いたが、振付家スーザン・ストロマンの出世作。このところ何度もご登場いただいているフランク・リッチ(当時のニューヨーク・タイムズ劇評担当)は、ストロマンを「トミー・テューン以降で、ブロードウェイにやって来た最も想像力に富む新しい振付家」と言い、「アメリカのレパートリーの中で最も親しまれ愛されている歌を、まるで昨日作られたもののように、聴かせ、見せてくれる。」と絶賛している。
演出のマイク・オクレントは#6で書いた『Me And My Girl』の、ロンドンとブロードウェイ両方での演出家。
特筆すべきは脚本家ケン・ラドウィグ。上記引用部分でも触れたが、この作品の前に『Lend Me A Tenor』、後に『Moon Over Buffalo』というプレイで当たりをとるコメディの名手。
主演のハリー・グローナーは演技もダンスも軽快。彼なくしては、この作品は成立しなかっただろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中