The Chronicle of Broadway and me #048

19935月~6月(その4

The Who’s Tommy(5月31日20:00@St. James Theatre)は、イギリスのロック・グループ、ザ・フーが1968年に発表した“ロック・オペラ”アルバム『Tommy』の舞台ミュージカル化だ。過去に、映画化、コンサート形式の舞台化はされたが、ミュージカルとしての舞台化は初めて。
ニューヨーク・タイムズの劇評家フランク・リッチは、トニー賞授賞式当日に載った「A New Generation on Old Broadway」というタイトルの記事の中で、この舞台を「ブロードウェイの権威の思考に対する過激な挑戦である」として、次のように言っている。

――『The Who’s Tommy』は、ブロードウェイで初めての、ロックの作曲家(ザ・フーのピート・タウンゼンド)との本当の共同作業であり、’50年代にロックンロールがブロードウェイのポップ・ミュージックをヒット・パレードから追い出して以来ブロードウェイ・ミュージカルの観客を奪い続けてきた容赦なき文化勢力であるロック・ミュージックへの、初めての知的な適応である。
何年にもわたって、ブロードウェイは、茶化したロック(『Bye Bye Birdie』)、見せかけのロック(『Hair』『Jesus Christ Superstar』)、そして、つまらないラス・ヴェガス型ロック・コンサートの複写(『Beatlemania』『Buddy』)を試してきた。そしてついに『The Who’s Tommy』で、本物のロックがミュージカル劇場のジェットコースターに取り込まれた。――

この見解に対する意見も含む、当時の感想は次の通り。

<オリジナル作者である筋金入りのロック・ミュージシャン、ピート・タウンゼンドが直接関わっている(作曲・作詞・脚本)こともあってだろう、音楽的な面だけでなく、作品全体が “ロック・ミュージカル”と呼ぶにふさわしいダイナミズムに溢れていたのは確かだ。
従来のミュージカルよりやや音量が大きく、かつベースが強調された音楽。幾何学的なイメージでデザインされた抽象性の強い装置(多様な空間を現出させる白いドアと白い窓をはじめ舞台上を天地左右自在に動く大道具、スライドによって変幻自在の背景を作り出したり時には鏡になったりするバックのスクリーン、ズラリと並んだモニターに映し出されるビデオ)。ポスターやTシャツに使われている色(オレンジ、黒、白、赤、黄)のイメージを生かした衣装や照明。……等々が、観ている側の印象で言うと、凄まじい勢いで洪水のように押し寄せてくる。
特に第1幕は、ウッドストックを知る世代には懐かしい「See Me, Feel Me」(テーマ曲的存在)や「Acid Queen」「Pinball Wizard」という耳慣れたヒット曲が含まれることもあってか、リッチの言葉を借りれば“ジェットコースター”のように、あれよあれよと言う間に終わってしまう。それに比べると第2幕、特にトミーが鏡を割って自閉の壁を破ってから(そういう話なんです)は、大仕掛けの装置が動く割にはやや退屈した。
むしろ第2幕では、トミーの叔父が1人でヴォードヴィル調の歌を気儘な感じで歌う、オーソドックスなスタイルのシーンの方が印象に残った。が、こういう人間臭いシーンは、このミュージカルの中では浮きかねない。と言うのも、“洪水のように押し寄せてくる”舞台の諸々の要素の中で、人物もその一要素と化し(「Pinball Wizard」の魅力的なダンス・シーンですら)、一括してプログラム化されているような印象を受けるからだ。
もちろん、ある意味で、ブロードウェイの舞台は全て冷徹なプロフェッショナルな感覚でプログラム化されている訳だが、それはあくまで舞台の質の高さを維持するためで、舞台の魅力は、そこで人々がどんな輝きを見せてくれるかにあるはずだ。出演者が記号に過ぎなくなってしまっている『The Who’s Tommy』は、そういう見方をすると魅力に乏しい。
トニー賞の審査員も同じように感じたのかどうかはわからないが、『The Who’s Tommy』からの出演者のノミネートは助演女優賞と助演男優賞の2部門だけで、結局どちらも受賞しなかった。
ここでさらに言えば、猿之助スーパー歌舞伎八犬伝』(装置/ハンス・シャーヴァノッホ)の大外連(だいけれん)を観ている(5月6日)目には、ハイテクを駆使した『The Who’s Tommy』の舞台装置も、面白くはあったが、さほど驚きではなかった。
もう一つ、これは『The Who’s Tommy』自身の問題ではなく、フランク・リッチの記事についての話なのだが、“本物のロック・ミュージカル”が1993年の時点で新しいか、という問題がある。
商業的なことを別にすれば、今やロックは世界の様々なポップ・ミュージックの一ジャンルに過ぎない。ブロードウェイにとって初めての“本物のロック・ミュージカル”だと言っても、20年前ならいざ知らず、今の時点で、そのこと自体が観客にとって特別な意味があるとは思えない。そういう意味では、“本物のロック・ミュージカル”だからといって、それが“茶化したロック・ミュージカル”や“見せかけのロック・ミュージカル”より優れている、とも言えない。
また、フランク・リッチは『The Who’s Tommy』について、「近年、ブロードウェイに氾濫しているノスタルジアものとは違い、我々が今、リアルタイムで生きていることを感じさせてくれる」と、その現在性を賞賛したそうだが(「シアター・ガイド」誌)、ある年代の人々にとっては『The Who’s Tommy』は充分にノスタルジックなのではないか(ただし、それがいけないとは思わない)。
どうも、リッチの褒め方は、少し見当違いなんじゃないか。
僕の結論を言えば、『The Who’s Tommy』は一見に値する。その面白さは、ディズニーランドの「キャプテンEO」の如し(ちなみに、このアトラクション、嫌いではありません)。>

“ロック・ミュージカル”という概念に対して懐疑的なのは、ずっと同じ。
それとは別に、この作品も、あんなに派手な装置を使わずに作られていたら、また別の印象があっただろうに、と少し残念に思わないでもない。とはいえ、2年強のロングランにはなったわけだし、まあ、いいのか。ミュージカル大型化が進む時代に大がかりな装置好きの演出(共同脚本)のデス・マカナフを起用した時点で、ああなることは必定だった、ということで。
ウェイン・シレントの振付は躍動的でよかった。
マカナフ×シレントのコンビは1995年に『How to Succeed in Business Without Really Trying』のリヴァイヴァルで再びブロードウェイに登場することになる。

ちなみに、楽曲の一部は、ザ・フーのメンバーであるジョン・エントウィッスルとキース・ムーンが書いていて、上に書いた第2幕のヴォードヴィル調の歌はキース・ムーン作。ブルース・シンガー、ソニー・ボーイ・ウィリアムスン楽曲の改作も1曲ある。

役者は……。
トミー役がマイケル・サーヴェリス。『Fun Home』の父親役でトニー賞主演男優賞を獲る、あの人。これがブロードウェイ・デビュー。鮮烈と言っていい印象的なデビューだった。受賞は逃したが、トニー賞助演男優賞にノミネート。
もう1人ここでブロードウェイ・デビューしているのがノーム・ルイス。精神科医(セラピスト?)役でソロで歌う場面もあった。
そのノーム・ルイスと『Side Show』の初演で共演するアリス・リプリーも出ているが、あまり覚えていない。
「Acid Queen」を熱唱するジプシー役シェリル・フリーマンのことは『Stars In The Alley』#046)のところで書いた。
印象的な叔父さん役はポール・カンデル。いとこのケヴィン役のアンソニー・バーライルもダンサー出身らしいシャープな身のこなしで記憶に残ったが、その後、役者としてはブロードウェイには出ていない。

The Chronicle of Broadway and me #048” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中