ANOTHER WORLD/Killer Rouge@東京宝塚劇場 2018/7/4 13:30

紅ゆずる、ついに本領発揮! 星組トップ・スターとしての自信に満ちあふれた舞台。いや、正直ここまで長かった。期待されながらクラシックで2着続きだった素質馬が3歳暮れの有馬記念で勝つ、みたいな(笑)。

『ANOTHER WORLD』(作・演出/谷正純)は、紅ゆずる率いる星組にしかできない、宝塚としては破格のコメディ。
サブタイトルが「RAKUGO MUSICAL」で、落語の死後の世界にまつわる複数の噺を寄せ集めて作られているが、中心になる噺が上方落語の「地獄八景亡者戯」(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)。これが成功の元。コテコテの大阪人、紅ゆずるに演じさせるにあたり上方落語の大ネタを持ってくるなんざ、あ~た、さすが谷先生、エラい!
あたくし上方落語に暗いもので、このネタ知らなかった。おかげさまで観劇後、ネットで亡き米朝師匠の口演を拝見。シビレました。
てなわけで、紅ゆずるも大阪弁遣い放題で自由闊達に演じまくる。一方、二番手の礼真琴は江戸川生まれ。なもんで、こちらは江戸弁。西と東をないまぜにしたことで舞台の間口が広がり、観客も入りやすくなって、これもうまく転がった一因かと。
全てが完璧かというと必ずしもそうでもなく、いろいろと入れ込んだ他の噺との整合性とか、宝塚歌劇が避けて通れない各生徒の見せ場作りとかについての腐心が見え隠れもするが、そこを紅ゆずるの求心力で半ば強引に運んでいく。貧乏神役・華形ひかるの助演も効いていた。この2人、相性がかなりいいのでは?

一方のショウ『Killer Rouge』も、紅ゆずるの“洗練されすぎない”カッコよさが全編にあふれて、出色の出来。つられて他のメンバーもいきいき。テンションが高かった。
終盤の西城秀樹ナンバー以降の一気呵成な展開に、今回の星組の勢いが集約されている気がする。これからが楽しみ。

雨に唄えば~Singin’ In The Rain@赤坂ACTシアター 2018/06/22 13:00

宝塚歌劇月組公演。演出は、2003年星組、2008年宙組と同様、中村一徳。
15年前の星組公演@日生劇場を観ているが、こんなに映画をなぞってたっけ? というのが第一印象。それはキツいだろう。でも、演出家が同じということは歴代そうやってきたのかぁ。てなことを思いながら観た。

そもそも元の映画『雨に唄えば』(Singin’ In The Rain)の見どころの一つはコズモ役ドナルド・オコナーのヴォードヴィル的軽業アクションにある。だから、同じ演出で舞台化するとすれば、同役にアクロバティックな体技とコメディ演技とに優れた役者を持ってくるしかない。
しかしながら、それができるミュージカル俳優は日本にはほとんどいないだろう。観ていないから成否のほどはわからないが、1996年の松竹による上演の際に、この役に川平慈英を起用したのは一つの見識だと思う。想像だが、若き日の体力充分な川平慈英ならかなり健闘したんじゃないだろうか。
というわけで、宝塚歌劇でコズモを映画と同じように演じるのは、まず無理。『Grand Hotel』のオットー役をこなした美弥るりかの技術をもってしても厳しい。演出を大胆に変えるべきだろう。彼女を中心にしながら歌劇団得意の人海戦術で楽しげに盛り上げることは可能だと思う。

珠城りょうのドン・ロックウッドも、ダンスの振付(玉野和紀)が無難な感じなので、今ひとつ弾けない印象。それも含めて、ショウ場面に関してはもっと宝塚的群舞を多用してもよかったのでは? アダム・クーパー版ですら派手に改変していたのだから。
光ったのは、輝月ゆうまのリナ・ラモント。儲け役でもあるが、無理のない誇張で憎めない憎まれ役をうまく演じた。
美園さくらのキャシー・セルダンは堅実な出来。

The Chronicle of Broadway and me #13

★1990年5月(その2)

『Grand Hotel:The Musical』を観て、ようやく本格的なブロードウェイ・ミュージカルの新作に出会った気がした。と言うのも、それまで観た舞台が、ロンドンものだったり(『Starlight Express』『Les Miserables』『Me And My Girl』)、アフリカものだったり(『Sarafina!』)、リヴァイヴァルだったり(『Anything Goes』)、リヴァイヴァル的な集大成だったり(『Jerome Robbins’ Broadway』)、新曲のないノスタルジックなショウだったり(『Black And Blue』)したからで、新作の『Into The Woods』にしても開幕から1年以上経って、オリジナル・キャストの大半が去っていた。その点、『Grand Hotel』はまっさらの新作……とはいえ、小説を元にした同名映画(1932年)の舞台ミュージカル化ではあるのだが、それでも何かが起こる現場に立ち会ってる感が強かった。
演出はトミー・テューン。この頃が演出家としての名声のピークかも。周囲の期待感が高かったのを覚えている。

当時書いた感想は次の通り。

<舞台は1928年、第一次大戦前夜のベルリン、グランドホテル。ある者は訪れ、ある者は去り、そして、ある者は留まる。そんな人間たちの人生が、このホテルで一瞬交錯する。絡まり合ったオムニバス・ストーリー。これ即ち“グランドホテル形式”。
ザ・バンドの「The Last Waltz」のテーマを思わせる「The Grand Waltz」に乗って悲喜劇の合間を踊り抜ける1組の男女。その女性は盲目で……。と、厭世的な雰囲気の中で展開されていくドラマは、なかなか見応えがあった。
『The Phantom Of The Opera』と違ってセットはほとんど動かない。その代わり、椅子や真鍮のバーを使った巧妙な場面転換が行なわれる。
印象に残ったのは、大金を持って (おそらくは亡命しようとしているユダヤ人の)会計士が、酔っぱらいながらも真鍮のバーに絡まってアクロバット的に踊るシーン。まるで酔拳のようだった。>

群像劇をこの映画にちなんで“グランドホテル形式”(または“グランドホテル方式”)と呼ぶのは、どうやら日本独自のやり方のようで。
……てなことはともかく、何をおいても会計士オットー役。亡命しようとしているんじゃんくて、ホテルで死のうとしているのだが(苦笑)。宝塚歌劇ファンには、1993年の涼風真世、2017年の美弥るりかでおなじみの“あの役”。
演じたのはマイケル・ジーター。彼が男爵と酒を酌み交わしながら文字通りのバーを前にして歌い踊る「We’ll Take A Glass Together」がなければ、この作品が当たったかどうか怪しいとさえ思う。今もネット上でトニー賞授賞式でのパフォーマンス映像を観ることができるが、素晴らしいのひと言だ。ジーターは、翌年公開された映画『The Fisher King』での怪演も忘れがたい。
ところで、その授賞式に男爵役で出ているのは、その後『Chicago』で何度もビリー・フリンを演じることになるブレント・バレット。が、実はオリジナルの男爵役はデイヴィッド・キャロルだった。当時のプレイビルがすぐに出てこないので確認できないのだが、観た回はキャロルだった気がする。で、なぜキャロルはトニー賞に出ていないのか。これは推測だが、すでに容態が芳しくなかったのではないだろうか。彼、2年後の3月にエイズが元で発症した肺塞栓症のために亡くなっている。それも、権利問題で録音が遅れていた『Grand Hotel』オリジナル・キャスト盤のレコーディング・スタジオで。結局、男爵の歌声はバレット版で残ることになったが、アルバムには、キャロルがこの作品のナンバーをクラブで歌った時の音源がボーナス・トラックとして収められた。

役者としてもう一人書いておきたいのは、ジェイン・クラコウスキー。
彼女のブロードウェイ・デビューは『Starlight Express』。なので観てはいるのだが覚えていない。まあ扮装のせいもあると思うが。でも、この作品での彼女はよく覚えている。ハリウッドでの成功を夢見るタイピスト役。かわいいが少し軽薄で幸薄い感じ。すでにキャラクターが確立していた。
その後、今日に到るまで、出演したブロードウェイ・ミュージカルは全て観てきた、後半生の伴侶と言ってもいい女優さんです(笑)。

ちなみに、涼風真世版『Grand Hotel』@宝塚大劇場が私の宝塚歌劇初観劇。

不徳の伴侶~infelicity@赤坂Red/Theater 2018/05/30

作・演出/荻田浩一 作曲・音楽監督/福井小百合。

彩乃かなみ…スコットランド女王メアリー・スチュアート
藤岡正明…スコットランド貴族、ボスウェル伯ジェームズ・ヘップバーン
百名ヒロキ…仏王フランソワ一世/夫ダーンリ/息子ジェームズ一世
舘形比呂一…兄ジェームズ/義母カトリーヌ・ド・メディシス
吉本真悟…イタリア人秘書リッチォ/スペイン王太子ドン・カルロス
シルビア・グラブ…イングランド女王エリザベス一世

以上、作品の公式サイトからの引用。

作った人たちも演じている人たちも、やりがいと手応えを感じているに違いない力作。が、もったいないことに、こちらの胸には響いてこない。
理由は2つ。1つは、感情移入できる人物がいない。もう1つは、物語を引っぱる仕掛けがない。

前者については、ことに、主人公たるべきメアリー・スチュアート。その人物像が曖昧。奇矯とも思える行動と、幼くして政治に利用された無垢な女性という解釈が、ときに齟齬をきたす。もっと強烈な何かが潜んでいいる人物として描くべきではなかったか。例えば『エリザベート』の綱渡りのようなエピソードを交えて。
そういう意味では、エリザベス一世は動機と行動が一貫している。ドラマの鍵になる人物として、うまく描かれている。が、主役でない分、残念ながら、彼女は面白みのある人物ではない。
ボスウェル伯ジェームズ・ヘップバーン(不徳の伴侶とは彼を指すのか)は、メアリーにとって信頼するに足る人物に見えたがそうではなかった、という解釈でいいのか。どうにも心底が見えない。メアリーと一線を越えるときの2人の心情が、劇中で一番不明。そのせいで全体が混乱してくる。おそらく、ここがクライマックスなのだが。
それ以外の人物は、わかりやすい脇役として描かれているので問題ない。イタリア人秘書リッチォのわからなさは、わからない人物として描かれていると解釈。が、彼らは観客が感情移入していく存在ではない。役者のファンでない限り。

仕掛けについて。
これはスコットランドとイングランドとフランスの王家の人々の物語。その表面的な結果については、すでに知れ渡っている話。それをあえて描くからには、何か飛び道具が必要だろう。
『ベルばら』ならオスカル、『エリザベート』ならトートという、鍵となる架空の存在。あるいはフリードリッヒ・シラー作『メアリー・スチュアート』のように、2人の女優の対決といった現実的な見せどころの設定。
それがない。だから、何か歴史の勉強をさせてもらっている感じ。歴史好きの新解釈を聞かされている感じ、というべきか。

再度言うが、力作ではある。役者も力演。が、以上の点で、惜しい結果に終わっている。

The Chronicle of Broadway and me #6

★1989年5月(その2)

Me And My Girlの開幕は1986年夏で、1989年いっぱいで終了することになる。この時に観ておいてよかった。ニューヨーク到着日に、開演に間に合うだろうか、チケットは残っているだろうか、と思いながら劇場に駆けつけたことを、なぜかよく覚えている。
ブロードウェイではこれが初演だが、元々はロンドンで作られたミュージカルで、それも初演は1937年と古い。このブロードウェイ版も1984年にウェスト・エンドでリヴァイヴァルされたヴァージョンの移入で、主演のロバート・リンゼイもロンドンからそのままやって来て評判をとった。1987年のトニー賞を席巻した『Les Miserables』が主演男優賞を獲れなかったのは、リンゼイに掠われたから。もっとも、僕が観た時には、すでに主演はジェイムズ・ブレナンに替わっていたが。
男性版『My Fair Lady』とも呼ばれる、ロンドンを舞台にした身分の違いのギャップが巻き起こす大騒ぎのラヴ・ストーリーは、宝塚歌劇版も再三上演されているので、みなさんご存じのことと思う。
当時書いた感想を抜粋しておくと、<主演のジェイムズ・ブレナンの、ジーン・ケリーを思わせる迫力ある踊りと“体技”が素晴らしい。特に第2幕第2場、書庫のシーンでのアニメのキャラクターのようなスラップスティックな動きには爆笑。全体を通してセットのアイディアが光るが、この場は特に秀逸で、ホーンテッド・マンション風の幽霊たちの“足だけのタップ”をはじめ、笑わせて魅せる。>。相変わらず“ストーリー”ではなく“アクション”に反応している。
この『Me And My Girl』は、僕の中では3年後の『Crazy For You』に直結している。まず、演出家が同じマイク・オクレント。オクレントは、ここでは演出の他にスティーヴン・フライの担当した脚本改訂に協力してもいる。また、ここでの振付はギリアン・グレゴリーだが、小道具の使い方を含め、『Crazy For You』のスーザン・ストロマン振付に引き継がれたところが多いように見える。さらに、ジェイムズ・ブレナンが『Crazy For You』に二代目ボビーとして登場する。早い話、オクレントが、ガーシュウィン兄弟の旧作『Girl Crazy』を元ネタに『Me And My Girl』的なミュージカルとして再構築したのが『Crazy For You』だったんじゃないかな、と。そんな気がする。
ちなみに、初めて見た宝塚歌劇版『Me And My Girl』は1995年、天海祐希の卒業公演@東京宝塚劇場。今考えると、よくチケットが手に入ったなと驚く。真矢みきファンだった勤め先の先輩のつてだったと思う。古藤さん、ありがとうございます。

天(そら)は赤い河のほとり/シトラスの風~Sunrise~@東京宝塚劇場 2018/05/17

宙組新トップ・コンビ大劇場お披露目公演。

(少なくとも業界では)「天河(てんかわ)」の略称で知られる「天(そら)は赤い河のほとり」。原作/篠原千絵。脚本・演出/小柳奈穂子。
真風涼帆のカイル、星風まどかのユーリが、当て書きのようにハマって成功。ことに星風のユーリは、荒唐無稽なファンタジー内リアリティを支える鍵となるが、天真爛漫で前向きなキャラクターとしてドラマを引っ張った。それを受け止める真風のカイルの懐の深さを感じさせる好演があったればこそだが。芹香斗亜のウセル・ラムセスも、軽薄に見えつつ芯があるという役柄をさわやかにこなす。
超ダイジェストながら、小柳演出は脇のストーリーもしっかり見せる。ことに、純矢ちとせのナキアと星条海斗のウルヒ・シャルマの悲恋、澄輝さやとのネフェルティティの覚悟、という悪役に見える存在のドラマも奥深く描いて、作品に幅を与えた。
ゲームソフトの音楽を手がける下村陽子の起用も当たった。

「シトラスの風」作・演出/岡田敬二
1998年宙組誕生の折の演目の改訂版再演。初演を同年8月6日にTAKARAZUKA1000days劇場で観ているが、さすがに記憶の遠のく中、ゴスペル的楽曲が印象的な「明日へのエナジー」は覚えていた。全体にオーソドックスな内容、構成だが、フィナーレのエトワールを星風まどかが務めたのに驚いた。そんなやり方もあるんですね。

宙組、順風満帆の船出です。

 

ごあいさつ

ニューヨークでミュージカルを観続けて30年。そろそろ経済的にも体力的にもヤバくなってますが、行かれる限りは行こうか、と。たまにロンドンにも。日本では、宝塚歌劇、歌舞伎、文楽、で、たまに国産ミュージカルも。20年を超えて運営してきたサイトを年内に閉じて、こちらで身軽に舞台の感想などをアップしていくつもりです。うまく移行できればいいのですが。