六月大歌舞伎@歌舞伎座 2018/06/11

●昼の部

妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)~三笠山御殿

文屋(ぶんや)

野晒悟助(のざらしごすけ)

●夜の部

夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)~鳥居前~三婦内~長町裏

巷談宵宮雨(こうだんよみやのあめ)~深川黒江町寺門前虎鰒の太十宅の場より深川丸太橋の場まで

 

「妹背山婦女庭訓」

ちょっと苦手な演目。だからというわけではないが、途中どうしても外部と連絡をとる必要があって、20分ほど抜けた。なので、松也の求女、新悟の橘姫、芝翫のおむらを観ていない。観たのはもっぱら、松緑の鱶七実は金輪五郎今国と、時蔵のお三輪。
時蔵のお三輪には、例えば七之助ぐらいの本当に若い役者がやるのとは、また別の何かがある。あたりまえだが。その辺に歌舞伎の面白さの秘密があるんだろうな。

「文屋」

先月の「喜撰」に続いて、菊之助の六歌仙の踊り。
「喜撰」では重力を超越しているようだったが、今回も軽妙でありつつブレがない。うっとりする。

「野晒悟助」

黙阿弥の侠客もので、五代目菊五郎による初演だったとか。当世菊五郎にもぴったりの役回り。
見どころの一つは、菊五郎、菊之助の男伊達どうしの対峙。それを止めに入る團蔵、という絵柄もうれしい。
悟助に一目惚れする大店の娘米吉の下女役で登場する橘太郎って配役も楽しい。
悟助の子分役の権十郎も、いつもより見せ場が多くていきいきしている。
……てな具体で、菊五郎劇団の、ことに世話物は、いつ観てもいい。

「夏祭浪花鑑」

吉右衛門の団七九郎兵衛、女房お梶が菊之助。錦之助の一寸徳兵衛、その女房お辰が雀右衛門。釣船三婦が歌六で女房おつぎが東蔵。よく考えると、夫婦ものばかりだ。
この演目、最初に観たのがコクーンの勘九郎(当時)で、以降、コクーンと中村座で観続けてきたので、どうしても比較してしまう。そうすると、吉右衛門は、味わいはあるが、品もありすぎるように見える。
最後の「長町裏」。義父三河屋義平次(橘三郎)との立ち回りは、観ている方も息がきれる。

「巷談宵宮雨」

宇野信夫作、昭和10年初演の新作歌舞伎。これが面白かった。
破戒坊主とその甥夫婦。小悪人ばかりの腹の探り合い。
六代目菊五郎が初演し、十七代目勘三郎が育んだ破戒坊主龍達を、芝翫がノリにノって演じるのが楽しい。
甥夫婦は松緑と雀右衛門。雀右衛門が、いつもと違う汚れ役でいきいき。松緑との息も合っている。
ここにも橘太郎が登場。身体を壊した薬売り役で、よろよろしながら坂をズリ落ちるところはシビレた。
昼の部の「野晒悟助」に続いて、児太郎が不憫な娘役。

しかし、歌舞伎狂言の女性に対する価値観は正直ひどい。昔の芝居とはいえ、そこにうんざりする人がいてもおかしくない。伝統芸だから、とばかり言っていられない日が近い将来やってくるかも。

The Beast In The Jungle@Vineyard Theatre 2018/06/02 20:00

IMG_0649ジョン・カンダー作曲、デイヴィッド・トンプソン脚本、スーザン・ストロマン演出・振付。作詞のフレッド・エブを欠いてしまったが、『The Scottsboro Boys』のスタッフ再集結。このクレジットだけで個人的には必見。

プログラムに「A Dance Play」と書かれたこの作品、スタイルとしては、やはりスーザン・ストロマンが演出と振付で関わった『Contact』(2000年)に近い。出演者が歌わない、ダンス主体のミュージカル。休憩なしの1時間45分。お腹いっぱいとはいかないが、それでも充足感の残るパフォーマンスだった。

1903年発表のヘンリー・ジェイムズの同名小説を、時代を現代に移し替えて脚色。トラウマを抱えているらしい老年の男が悲嘆に暮れて葬儀から帰ってくるところから物語は始まる。
マンハッタンのアパートメントに暮らす彼は、訪ねてきた甥に問われて、悲しみの理由である過去の出来事を語る。老年の男を演じるのがピーター・フリードマン。甥がトニー・ヤズベク。過去の話に出てくる老年の男の若き日を演じるのもトニー・ヤズベク。
まずは50年前、1968年のナポリ。そこで出会った魅力的な女性。演じるのはアメリカン・バレエ・シアターのプリンシパルだったイリーナ・ドゥヴォロヴェンコ。2人は恋に落ちるが、男は突然パニック(自分の中に潜む密林の野獣)に襲われて逃げ去る。
その20年後、今度は1988年のイングランド、コッツウォルズ。男は20年前の女性と偶然再会する。彼女は既婚だったが、再び激しい恋心を燃やす2人。駆け落ちを決意するが、男はまたもパニックに陥って、その場を去る。
男を襲う密林の野獣の背景には、彼の家族の悲劇が横たわっているらしいことがわかる。そのせいで彼は、誰かを深く愛することや誰かから深く愛されることを恐れているという。話を聞いた甥は男に、あなたは自分の人生を無駄にしたんだ、と言い放って、別れの危機を迎えていた恋人のもとへと走り去る。

原作の密林の野獣については、同性愛者の異性に対する拒否反応を描いているのではないかという解釈をはじめ、いろいろな説があるらしいが、この舞台は幼い頃のトラウマ説を採っていることからしても、ミュージカル作品としてのポイントはそこではない、ということかと思う。
実際、観ていて、主人公がパニックに襲われるところはどうでもいい、というか、その時に人の顔の形をした恐ろし気な幻影が出てくるのだが、繰り返されるとちょっと笑いそうになる。もしかしたら、そこに皮肉が込められているのかもしれないが。
見どころは、やはり、運命の女性との愛を表現する濃密なダンスにある。ヤズベクとドゥヴォロヴェンコによる情熱的なデュオももちろんだが、Woman 1~6として出てくる6人の女性ダンサーも、2人を翻弄する運命のように彼らに絡んで舞台に広がりと奥行きをもたらす。主役の2人をつなぐ要素として、話の中にマティスの「ダンス」の絵が出てくるのだが、これが女性ダンサーたちのダンスのモチーフとしても使われて、強い印象を残す。
そして、ジョン・カンダーの音楽。表情豊かで美しく、不思議な物語を見事に運ぶ。思えば、カンダー&エブとして頭角を現してきた頃から柔軟で挑戦的だったが、ここに来て、題材も含め、さらなる冒険に挑んでいるのが素晴らしい。

観劇後、劇場から作品の評価を5段階で問うメールが来た。少し考えて、段階4で返信した。

 

[Tony2018] Rodgers & Hammerstein’s Carousel@Imperial Theatre(249 W. 45th St.) 2018/03/01&04/03(&06/02)

005作者たちは新たなオペラを書くつもりだったのだな、と改めて思い知らされて新鮮だったのが今回の『Carousel』(邦題:回転木馬)
舞台は19世紀末のメイン州。遊園地の回転木馬の客寄せビリーと、女工ジュリーは、出会って惹かれ合ったがゆえに互いに職を失う。結婚してジュリーのいとこネッティの保養所に身を寄せるが、未だ職にあぶれているビリーはジュリーに冷たく接するようになる。ここでジュリーがビリーにぶたれた話が出てきて、後に娘に会いに行ったビリーが焦れて娘の手をはたく伏線となる。このDVネタは原作戯曲『Liliom』から引き継がれて重要なファクターとなっているようだ。そんなビリーだが、ジュリーの妊娠を知り、生活を好転させようと悪友の誘いに乗って強盗を働くも失敗し、自ら命を絶つ。生前の善行が足りないので天国に入れないビリーは、天国の案内人から善行のチャンスを与えられ、成長した娘に会いに行く。亡き父の悪行のせいで除け者にされている娘を励まそうと、父親の友人だと偽って近づくビリーだが、前述したように焦って手をはたき、逃げられる。だが、娘に話を聞いたジュリーは、それがビリーだったことを確信し、彼の気持ちを理解する。ラスト・シーンは娘のハイスクールの卒業式。見守るビリー。天国の案内人そっくりの校長が現れ、送辞を述べる。その挨拶は明らかにビリーの娘に対する励ましの言葉だった。
この内容、不良青年が道を誤るが、死して後、家族愛に目覚める、という改心のドラマと理解できなくもないが、話として面白いか? と、ずっと思っていた。
それが今回、スッと心に入ってきた。理由は、人生の過酷さを指し示す神話的な物語であるかのように感じさせる、ある種の厳しい視線でもって演出されたこと。それが時代を超える普遍性を生み出した。メイン・ヴィジュアルに使われている古代の星座や神話をイメージさせる絵も、そこに一役買っている。
同時に、凝りすぎず、楽曲とダンスの質の高さでシンプルに運ぼうとする演出により、オペラに匹敵する斬新で力強い舞台を作ろうとした初演スタッフ=リチャード・ロジャーズ(作曲)×オスカー・ハマースタイン二世(作詞・脚本)×アグネス・デ・ミル(振付)たちの創作意欲がまっすぐに伝わってきた。文字通り“蘇る(revive)”というべき生々しい感触があるリヴァイヴァルだ。
演出は『Hairspray』のジャック・オブライエン。素晴らしい振付はニューヨーク・シティ・バレエのジャスティン・ペック。
役者も見事。ビリー役は『Shuffle Along, Or The Making Of The Musical Sensation Of 1921 And All That Followed』のジョシュア・ヘンリー。ジュリー役は『Beautiful:The Carole King Musical』『Waitress』に続いてまたまたダメ男と結婚することになったジェシー・ミューラー。ジュリーのいとこネッティ役がMETの歌姫ルネ・フレミング 。彼女の「You’ll Never Walk Alone」は必聴。もう1人、ジュリーの親友キャリー役がリンゼイ・メンデズ。こんなに歌える人だったとは。

★from WEBsite Misoppa’s Band Wagon (05/03/2018)

(追記)ダンス・ナンバーの素晴らしさは、2階席から俯瞰気味に観た方がよくわかります。

[Tony2018] My Fair Lady@Vivian Beaumont Theatre(150 W. 65th St.) 2018/04/05

006今回の『My Fair Lady』、もちろんミュージカルとして上演されているのだが、印象はほとんどストレート・プレイだと思った。その趣向が、かえって作品の魅力を際立たせることになっているのが面白い。
ほとんどストレート・プレイだと感じる理由はショウ場面の演出にある。歌って踊っても弾けない。弾けるのは、イライザの父親アルフレッドのナンバー、それに、イライザに横恋慕する若者フレディの「On The Street Where You Live」ぐらい。メインの2人、イライザとヒギンズのナンバーは、けっして弾けない。
ことにイライザ。演ずるはローレン・アンブローズ 。過去の舞台の出演作はいずれもストレート・プレイで、ミュージカルに出るのは高校時代の『Oklahoma!』以来だそうが、実はオペラ歌手としての教育を受けているし、小さなクラブで歌っている映像もネットに上がっている。にもかかわらず、今回の『My Fair Lady』では、私歌えます!的には歌わない。
ヒギンズの歌が、歌うというよりは語る方向にあるのは、初演のレックス・ハリスン以来の伝統で、今回のハリー・ハーデン=ペイトンもセリフの流れの中で語るように歌う。アンブローズ版イライザの歌い方は、それに呼応するかのようだ。例えば、韻を踏んだ発音練習が歌になっていくことで有名な「The Rain In Spain」にしても、イライザの喜びが爆発するはずの「I Could Have Danced All Night」にしても、はしゃいだ感じにはならない。劇中の現実から逸脱しない。
そうすることで表現しようとしているのは、おそらく、イライザの誇り高い精神。コヴェント・ガーデンの挑戦的な花売り娘イライザとヒギンズに最後通告を突きつける淑女然としたイライザは一貫している。ヒギンズの手を借りはしたものの、自分の意思で洗練と教養を身に着けた独立した人間。その分、孤独だが、彼女はそれを克服していくだろう。そんな感じ。早い話、原作であるバーナード・ショーの戯曲『Pygmalion』の元々のイメージに沿った解釈を採ったということだと思うが、そこに、2018年ニューヨークの空気感がある。
演出はバートレット・シェール。ヴィヴィアン・ボーモント劇場@リンカーン・センターでのミュージカル・リヴァイヴァルは、『South Pacific』『The King And I』に次いで3作目。大がかりな装置(マイケル・イヤーガン)を丁寧に使って、落ち着いてはいるが贅沢な気分の舞台に仕上げるのは今作にも共通するところ。シニカルな人間観も共通か。

★from WEBsite Misoppa’s Band Wagon (05/03/2018)

[Tony2018] Summer:The Donna Summer Musical@Lunt-Fontanne Theatre(205 W. 46th St.) 2018/04/02

009『Summer:The Donna Summer Musical』は“ディスコの女王”ドナ・サマーのバイオグラフィ的ミュージカル。
3人のドナが登場。狂言回し的役割と歌い上げ系歌唱を担うディーヴァ・ドナが、『The Color Purple』初演版でトニー賞主演女優賞を獲ったラシャンズ。文字通りディスコ・ナンバーを歌い踊るディスコ・ドナが、『A Bronx Tale:The Musical』のヒロインをオリジナル・キャストで務めたアリアナ・デボーズ。少女時代のダックリング・ドナが、ブロードウェイ・デビューのストーム・リーヴァー。それぞれに持ち味を生かして好演。ことにラシャンズの歌の存在は大きい。
概ね時系列に沿いながらも、ときおり時空を行ったり来たりする構成で、様々なハラスメントに見舞われながらも力強く生きたドナ・サマーの姿が浮かび上がる。アンサンブルの大半が女性という辺りからも、この作品の視点の置き所がわかる。
演出は大がかりな装置好きのデス・マカナフ。プレヴュー開始から間もない時期だったので、上演前にマカナフがマイクを持って挨拶に出てきた時には、また装置の故障か?と思った(笑)。今回はステージのあちこちを上下させてメリハリを付ける。まとめる手際がよすぎて全1幕100分は物足りない。

★from WEBsite Misoppa’s Band Wagon (05/03/2018)

[Tony2018] Escape To Margaritaville@Marquis Theatre(210 W. 46th St.) 2018/02/27

escapetomargaritaville『Escape To Margaritaville』は、日本では想像できないほど現地で人気の高いシンガー・ソングライター、ジミー・バフェットの既成楽曲を使った作品で、バフェットの世界観に寄り添った南国楽園志向のオリジナル・ストーリーが書き下ろされている(脚本グレッグ・ガルシア&マイク・オマリー)。ざっくり言うと、カリブ海の小島にあるマルガリータヴィルというバーを起点に繰り広げられる大人の恋愛物語。
上演されているマーキーズ劇場はマリオット・マーキーズ・ホテルの2階にあるのが特徴で、そのせいか、娯楽性の強い、ラスヴェガスで上演されてもいいような作品がラインナップされることが多いが、この作品も気分的にはその路線。軽いシングアロング状態となることもしばしば。トニー賞には完全に無視されたが、面白くないわけじゃない。
演出は『Come From Away』のクリストファ・アシュレイ。南国的音楽、火山の爆発、といった要素が昨年11月にプレヴューを開始した『SpongeBob Squarepants:The Musical』と共通する偶然は、後で「なるほど」と思うような時代的必然があるのだろうか。

★from WEBsite Misoppa’s Band Wagon (05/03/2018)

[Tony2018] Once On This Island@Palace Theatre(1633 Broadway) 2017/11/29

onceonthisisland『Once On This Island』は、スティーヴン・フラハーティ(作曲)×リン・アーレン(作詞)コンビの出世作で、演出・振付が後に『Ragtime』で再び組むことになるグラシエラ・ダニエル。オフから移ってのブロードウェイ初演は1990年10月に幕を開けている。翌年の6月と7月に観ているが、その時の感想は次の通り。
<小ぢんまりとした劇場で熱いステージを見せてくれたのが、『Once On This Island』
場所はフランス領アンティル諸島のとある島。時はある嵐の夜。登場する 11人はオール黒人キャストで、The Storytellers とプレイビルには書いてある。嵐を怖がって泣いている子供に、島の人々が“ある女の子の恋の物語”を話して聞かせる、という設定だ。
そのお話は、表向きは人魚姫に似た悲恋物語だが、被抑圧者からの階級的視点も持っている。素晴らしいのは、生命力溢れるダンスと躍動的で豊かな音楽、そして、それらを見事に生かした、残酷さと温かさを併せ持った幻想的な演出。
ここでは特に音楽の話を。
ブロードウェイ・ミュージカルの音楽として異色なことは、バック・ミュージシャンの編成を見てもわかる。計5人で、キーボード+ピアノ、キーボード、ベース、パーカッション、木管。奏でられるのは、パーカッションを強調したカリブ風ゴスペルといった趣のサウンドだ。舞台になったフランス領アンティル諸島と言えばマルティニークが思い浮かぶが、ここでの音楽は、マラヴォアやカリの音楽ともズークとも違う。むしろ、その南に位置するトリニダッド・トバゴのカリプソの要素が強い。
もちろんブロードウェイ伝統のオペレッタ的要素が下地になってはいるが、歌唱法は明らかにアフリカ的傾向を重視していてダイナミック。コーラスワークも魅力的。>
カリブ海文化を反映した濃い内容と音楽に感銘を受けている。この時の主演の少女が、今『Summer:The Donna Summer Musical』に出ているラシャンズ。
間に2012年のペイパーミル・プレイハウス公演を挟んで、個人的には今回が3つ目のプロダクションとなるが、これまで以上にカラフルな印象。それはもっぱら装置や衣装の色合いのせいだが、役者たちが開演前から、サークル・イン・ザ・スクエア劇場ならではの客席に囲まれた中央の舞台上で、島の生活の日常のごとくにワサワサと動き回っているという雰囲気もある。過去の2公演は、寓話というよりも神話に近い印象の内容に合わせて、衣装の鮮やかさ等を超えて、深い暗闇を感じさせた。アフリカからカリブに伝わった呪術的な暗闇。
今回の舞台は、そうした空気は引き継ぎつつ、そこに今日的で現実的な“難民”のイメージをダブらせようとしたんじゃないかという気がする。劇中劇に入る前の日常の装置や衣装にアメリカ文化を感じさせるアイテムを紛れ込ませてあるのも、そういう意図かな、と。ただし、その辺りは、成否相半ばかも。
とはいえ、元々がよく出来た作品なので、観る価値は大いにあります。演出はリヴァイヴァル版『Spring Awakening』のマイケル・アーデン、振付はカミール・A・ブラウン。

★from WEBsite Misoppa’s Band Wagon (05/01/2018)