[Tony2019] Pretty Woman: The Musical@Nederlander Theatre(208 W. 41st St.) 2018/07/30 20:00

IMG_0741

ヒットした同名映画の舞台ミュージカル化だが、舞台ならではの面白さがあって、ありがちな移植作に留まらない、いい作品になっている。一見の価値あり。

ということで、これからご覧になる予定の方は、ここから先は観劇後に読まれることをオススメします。

映画版の脚本家J・F・ロートンと、監督だった(日本ではゲイリーで通っている)ギャリー・マーシャル(2016年7月逝去)が共同で舞台用に脚本を手直ししている。
話は基本的に映画と同じ。一点違っているのは、ハッピー・マンという狂言回しが出てくること。ホームレスのような扮装で町中に登場し、主要な舞台となる高級ホテルでは衣装を替えて支配人となるこの男、ここぞというタイミングで現れて、主人公カップルの出会いから結末までを差配する神のごとき存在。彼がいるおかげで、出来すぎのストーリーも笑いながらすんなり飲み込める。
あ、話はごぞんじですよね? 遣り手実業家と娼婦とのバブル風味恋物語@ロスアンジェルス。

その狂言回しも舞台ならではの面白さの一つだが、この舞台版のキモは第2幕のオペラの場面にある。
主人公カップルが『La Traviata』(椿姫)を観にいき、オペラの主人公ヴィオレッタの悲劇に激しく感情移入するヒロインを見て、クールな遣り手実業家の心が動く。主人公たちの境遇とオペラのストーリーとが似ていることもあり、映画では、どちらかと言えば論理的にアタマで「なるほど」と理解する場面。
ここに舞台版は力点を置いた。歌える男女の役者を据え、前面に立ててオペラの歌を聴かせる場面に仕立てたのだ。観客は、ヒロインと同視線で、あるいはヒロインの感情移入がどうこうの前に単純に観客として、彼らの歌唱にグッとくる。この場面の充実ぶりで舞台作品として格が一段上がった。
ヴィオレッタ役がアリソン・ブラックウェル、相手のアルフレッド役がブライアン・カリ。ことにブラックウェルは素晴らしい。このクラスの歌い手がアンサンブル兼任で出演している辺りがブロードウェイの凄さ。

ちなみに、このミュージカルには映画で使われたロイ・オービソンの「Oh, Pretty Woman」は登場しない。楽曲は、オペラ以外は全て、ブライアン・アダムスと盟友ジム・ヴァランスのカナディアン・コンビが2年かけて書き下ろしている。楽曲に関しては真っさらの新作だ。それも楽しみの一つ。
さらに、演出・振付が、『La Cage aux Folles』『Kinky Boots』でトニー賞振付賞を受賞しているジェリー・ミッチェルだけに、ダンス・ナンバーもふんだん。盛り上がる。

役者で光るのは、懐の深いハッピー・マン役のエリック・アンダーソンと、その部下的な存在(天使?)の、ダンスが達者でユーモラスなホテル従業員ジウリオ役トミー・ブラッコ。
ヒロイン役のサマンサ・バークスは映画版『Les Miserables』でエポニーヌを演じて注目を浴びた人。イギリス出身だけにウェスト・エンドを中心に活躍してきていて、これがブロードウェイ・デビュー。充分に魅力的。
相手役のアンディ・カールは、看板役者となった『Rocky』『Groundhog Day』が内容的にも興行的にもイマイチだっただけに、ようやく当たりをつかんで喜びも一入(ひとしお)だろう(と感情移入してみる)。
ヒロインの親友役で活躍するオーフェは実人生ではアンディ・カールの連れ合い。

正式オープンの8月16日を前に、チケット売れ行き好調のニュースが流れている。興味のある方はお早めに。

[Tony2019] Gettin’ The Band Back Together@Belasco Theatre(111 W. 44th St.) 2018/07/29 19:30

IMG_0725ひと言で言えば、『The Full Monty』『Something Rotten!』の趣き。『School Of Rock』も加えたいところだが、楽器演奏はあちらの子供たちの方が上(判断には出演者の年齢差による不均衡の是正があります)。70年代後半から80年代にかけてのアメリカン・ロックと能天気なギャグが好きなら、けっこう楽しめる。

マンハッタンの会社をクビになった男が、母親の住むニュージャージーの実家に帰って来る。そこは相変わらず時間が止まったように無気力な町。そんな中、ただ一人燃えているのが、今もバンドを続ける、かつてのライヴァル。若い頃バンド合戦で主人公のバンドに獲られた優勝トロフィ奪還のため、手を回して彼の実家を借金のかたに差し押さえ、その解消を条件に再度バンド合戦で雌雄を決しようと迫る。
……という発端からしてフザケている。これに、主人公の恋人だった魅力的な女性が今はライヴァルと付き合っている、という出来すぎのネタが絡んで展開する話には、シリアスな要素はほとんどない。まあ、あるとすれば中年男の悲哀、か。

で、どこが『The Full Monty』かと言うと、昔のバンド仲間を再集結させる辺り。それぞれに悩みを抱えた、もう若くない男たちが、いろいろ乗り越えてバンド合戦に挑む。とはいえ、『The Full Monty』ほどの哀感はない。
どこが『Something Rotten!』かと言うと、ロックやミュージカルの小ネタが随所に挟まれてパロディ色が強くなっているところ。
いずれにしても、脇役たちのおかしなキャラクターと細かいギャグの積み重ねで出来上がっている作品。そこは面白い。
ちなみに、観た回は日曜夜だったこともあり、主人公役がミッチェル・ジャーヴィスではなく、いつもはスウィングのスコット・リチャード・フォスターだった。それもあって脇役の方が目立ったのかもしれないが。ともあれ、ジャーヴィスには悪いがトニー賞で主演男優賞候補にならないことを祈りたい。確認のために彼の出る回を観る、ってのは厳しいので。

作曲・作詞のマーク・アレンは、これがブロードウェイ・デビュー。
脚本を手がけているのは、プロデューサーでもあるケン・ダヴェンポートとグランドルショッツと名乗るライター集団てのが珍しい。

NYMF(New York Musical Festival)2018 #2

IMG_0773●Sonata 1962@Acorn Theatre(@Theatre Row) 2018/08/02 13:00
●Mythos:The Crimson Chorus@Green Room 42 2018/08/02 18:00
●Fatty Fatty No Friends@Green Room 42 2018/08/02 21:30

『Sonata 1962』は、1962年のアメリカを舞台に描く、LGBTQ差別の悲劇。
病院から帰って来た娘を腫物を触るように扱う母親とその友人。どうやら記憶の一部を失っているようなのだが……というところから始まる謎解き。
音楽の才能を認められて親元を離れ入学した先で、親しくなった同性の友人に抱くほのかな恋心。冒険のつもりで2人で出かけた違法なバーで、アルコールの入った勢いもあってキスしたところに警察の突然の捜査が入る。飲酒以上に同性愛を問題視されて放校になったことを知った母親は、医師に相談。医師はショック療法を勧め、母親はこともなげに受け入れる。ケネディ時代のアメリカの普通の家庭での出来事に客席もざわめく。
冒頭で本人が歌う、記憶をなくす以前に自分で書いた歌がキーになるモチーフとして使われて、そのアイディアはいいのだが、全体にギクシャクした印象。楽曲も歌い上げ系が多過ぎて、やや食傷。
作曲・作詞/トーマス・ホッジズ、補作詞・脚本/パトリシア・ラウリー。

以下の2作はコンサート形式での上演。

Mythos:The Crimson Chorusは、吸血鬼と人間との恋愛の葛藤を描いた作品。
これまで複数の吸血鬼ものミュージカルを観てきたが、規模の大小、趣向を問わず、ことごとく失敗していたが(あ、『ポーの一族』は除く。てか、日本の作品はあまり知らない)、これも微妙。
とはいえ、70年代ハード・ロックを髣髴させる楽曲は、勢いがあって悪くなかった。
作曲/デイヴィッド・ヴェラード、作詞・脚本/ヘザー・ジョプリング。

Fatty Fatty No Friendsは、肥満児に対するイジメがもたらす大パニック。
小学校でイジメられて孤立するトミーにエミリーという友達ができた。が、イジメの矛先はエミリーに向かい、エミリーはトミーを中傷するように追い込まれる。そして……。
このエミリーを追い込んでトミーを裏切らせるシーン(1曲)が実に長く執拗なので、これは何かあるな、と思ったら案の定。怒りにブチ切れたトミーは抑制していた食欲を全開にし、イジメっ子たちを次々に食っちゃう。そしてエミリーも。カタルシスがあると言えばあるが、やりきれなさも残る。
楽曲は、その執拗な1曲を除いては悪くない。
作曲/クリスチャン・デ・グレ、作詞/ジョセフ・アンダーソン。

NYMF(New York Musical Festival)2018 #1

IMG_0714●An American Hero: A New World War Ⅱ Musical@Acorn Theatre(@Theatre Row) 2018/07/29 13:00
●’68:A New American Musical@Acorn Theatre(@Theatre Row) 2018/07/29 17:00

小劇場で数多くのミュージカルが集中的に上演されるNYMF。その終盤に今年も駆けつけた。

『An American Hero』は、第二次世界大戦に巻き込まれたアメリカ人の生活を、市井の人々の目で捉え直そうとする作品。志は興味深いのだが、必ずしもうまくいっていない。
ひとつは、ミュージカルとしての流れがよくない。芝居と、歌あるいはダンスとがうまく融合せず、ミュージカル特有の化学反応が起きていない。
もうひとつは、戦時の苦々しさを戦場と銃後のエピソードで丁寧に描こうとしていて、見るべき場面もあるのだが、それらが最終的に“感傷”に収れんされるせいで、底が浅い感じになっている。
やや残念な仕上がり。

『’68』は、1968年に起こったシカゴ民主党大会での暴動について、関係した市井の人々にインタヴューして、証言を歴史に残そうとする司書を中心に話が進む。奇しくも、『An American Hero』同様、大事件を市民の視点で再確認しようとする試み。
インタヴューに応じるのは、最終的に民主党の大統領候補に指名されるハンフリーの、支持派、反対派、既存の政党不信派、取り締まりに来た警察官、会場だったホテルの従業員……。様々な人たちが、それぞれの視点で語る事実は、しばしば感情に支配されて脇道にそれるが、それが当時の状況をかえって生々しく映し出す。そこに、司書やその手助けをする青年の個人的事情も絡めながら、物語は歴史を再検証すること自体の意味にまで踏み込む。
ポール・レシェン(作曲)×ジェイミー・レオ(作詞)の楽曲が面白く、1968年当時の楽曲を想起させながらもパロディではない曲想で時代の気分を醸し出す。
プログラムを見ると当初は2幕構成だったようだが、観た回(最終回)は1幕になっていた。上演を重ねるうちに変わったのか? いずれにせよ、力作。

The Chronicle of Broadway and me #23

19916月~7月(その6

The Secret Garden観劇当時の感想。

The Secret Gardenは華麗なセットが評判。小説「秘密の花園」が原作の、広い客層を狙った、かっちりした造りのアメリカ産ミュージカルだが、個人的にはやや退屈だった。
コメディの要素が少なく、ダイナミックな踊りがなく、セットが凝っている割にはロンドン産の『Les Miserables』『The Phantom Of The Opera』のようなスペクタクルがない。話は清々しいし、中心になる少年少女の演技も爽やかだが、残念ながらインパクトに欠けた。>

自分で読んでも何を言ってんだか、ってピンボケな感じ。けっこう眠かったんじゃないかな。時差ボケに襲われて半分ぐらい眠ってたのかも。
でも、ジョン・キャメロン・ミッチェルの印象は強かった。てか、ほとんど彼のことしか思い出さない。ヒロインのデイジー・レノックスの姿もかろうじて覚えているが、後に何度も出会うマンディ・パティンキンやレベッカ・ルーカーのことは、おぼろげ。
そんなこんなで、(おそらく)こちらの体調の問題であまり記憶に残らなかった舞台。申し訳ない。

作曲のルーシー・サイモンはカーリー・サイモンのお姉さん。次に出会うのは2015年の『Doctor Zhivago』
脚本・作詞はマーシャ・ノーマン。この作品でトニー賞脚本賞を受賞。後に『The Color Purple』『The Bridge Of Madison County』でも脚本を手がける。

The Chronicle of Broadway and me #22

★1991年6月~7月(その5)

『Once On This Island』初演時の感想は、2017/2018シーズンのリヴァイヴァル版の感想([Tony2018] Once On This Island)に引用した。再掲しておく。

<小ぢんまりとした劇場で熱いステージを見せてくれたのが、『Once On This Island』
場所はフランス領アンティル諸島のとある島。時はある嵐の夜。登場する 11人はオール黒人キャストで、The Storytellers とプレイビルには書いてある。嵐を怖がって泣いている子供に、島の人々が“ある女の子の恋の物語”を話して聞かせる、という設定だ。
そのお話は、表向きは人魚姫に似た悲恋物語だが、被抑圧者からの階級的視点も持っている。素晴らしいのは、生命力溢れるダンスと躍動的で豊かな音楽、そして、それらを見事に生かした、残酷さと温かさを併せ持った幻想的な演出。
ここでは特に音楽の話を。
ブロードウェイ・ミュージカルの音楽として異色なことは、バック・ミュージシャンの編成を見てもわかる。計5人で、キーボード+ピアノ、キーボード、ベース、パーカッション、木管。奏でられるのは、パーカッションを強調したカリブ風ゴスペルといった趣のサウンドだ。舞台になったフランス領アンティル諸島と言えばマルティニークが思い浮かぶが、ここでの音楽は、マラヴォアやカリの音楽ともズークとも違う。むしろ、その南に位置するトリニダッド・トバゴのカリプソの要素が強い。
もちろんブロードウェイ伝統のオペレッタ的要素が下地になってはいるが、歌唱法は明らかにアフリカ的傾向を重視していてダイナミック。コーラスワークも魅力的。>

元々は1990年の5月にオフのプレイライツ・ホライズンズ劇場で 3週間の限定公演を行なった作品で、その好評を受けてか、同年10月からオンの劇場に移ってロングランを始めている。この年の暮れまで続いた。

この作品で初めてグラシエラ・ダニエル(演出・振付)という名前を知り、以来脳裏に刻み込まれた。作曲スティーヴン・フラハーティ、脚本・作詞リン・アーレンのコンビも同様。

なお、引用文中のマラヴォア、カリというのはバンドの名前です。

The Chronicle of Broadway and me #21

★1991年6月~7月(その4)

『Fiddler On The Roof』観劇当時の感想。

<『CATS』に負けず劣らずのヒット作。1964年9月22日に開幕して当時としては最高の3242回のロングランを記録した。日本では森繁久弥の当たり役として有名だが、ブロードウェイでは ゼロ・モステルという初代の主演役者が強烈な印象を残しているらしい。
1990年11月18日に開幕した今回のリバイバル版の主役は、この作品の1967年のロンドン公演と1970年の映画版で主役に就き一躍世界的なスターになったイスラエル人 トポル。主役の存在感で成否が決まる作品だからか、看板にはタイトルよりも大きく “TOPOL”と書かれてある。『Jerome Robbins’ Broadway』で名場面だけを見せられて、是非その全体像を見たいと思っていたので、うれしいリヴァイヴァル。
しかしながら、トポルの演技は素晴らしかったものの、客の入りは悪い。20世紀初頭の帝政ロシアから追い払われる貧しいユダヤ人たち、という素材は特殊だが、60年代にはドラマとして普遍性を持っていたはずだ。その普遍性が、この物語の中で古い伝統が失われていくように、時の流れと共に薄れていったということか。未見だが、日本の森繁版は素材の特殊性は無視して人情ドラマにしていまうことで息を永らえたのではないか。
まばらな客席には、例の黒い小型ベレー帽のようなもの(キッパ)を載せたユダヤ人と思われる人たちが何人かいた。恐らく湾岸戦争と関係があるのだと思うが、その2日前の日曜日にブロードウェイ近辺でイスラエルとアメリカの連帯を訴えるパレードが行なわれていた。劇場に来ていたのもその行事関連の人たちかもしれない。この辺りの民族的国家的事情は、図式としてはわかっても感情のレヴェルでは全くわからない。あるいは、こうした時期を狙ってのリヴァイヴァルかもしれないが、とにかく、この作品がニューヨークでどう受け取られているのかという問題は、門外漢の理解を超えた所にある。>

正直、この舞台のことはあまり印象に残っていない。前述したように、『Jerome Robbins’ Broadway』で観たあのダンスはここで出てくるのか、といった視点一辺倒だった気がする。あと、ここまで観てきた中で最も客の入っていない公演だったことは覚えている。
ニューヨーク演劇界とユダヤ人との関係について考えさせられる作品は、この後、今年のトニー賞ミュージカル作品賞『The Band’s Visit』に到るまで数多く観ることになるが、その第一歩。

蛇足だが、『Cats』に負けず劣らずのヒット作、ってのは、この時点で『Cats』がまだ9年目だから。『Cats』がその倍以上のロングランとなるのはご承知の通り。