The Chronicle of Broadway and me #037★

★1992年12月~1993年1月(その1)

8度目のブロードウェイは1992年の大晦日から1993年初頭にかけて(37歳)。

1993年の俯瞰は次の「1993年5月~6月」の項に回すが、1993年の1月にアメリカ大統領が交代していることは書いておく。父ブッシュからクリントンへ。共和党から民主党へ。
ただし、ニューヨーク市長について言えば、民主党のデイヴィッド・ディンキンズ時代は1993年で終わり、翌年から共和党のルドルフ・ジュリアーニに替わる。

初の冬の渡米。観劇リストは次の通り。

12月31日 22:00 Forbidden Broadway@Theatre East 211 E. 60th St.
1月 1日 12:30 The Big Apple Circus@Lincoln Center Damrosch Park
1月 1日 20:00 My Favorite Year@Vivian Beaumont Theatre/Lincoln Center
1月 2日 14:00 Madison Avenue@Lonestar Roadhouse 240 W. 52nd St.
1月 2日 20:00 Gypsy Passion@Plymouth Theatre 236 W. 45th St.
1月 3日 15:00 Tommy Tune Tonite!@Gershwin Theatre 222 W. 51st St.
1月 3日 19:00 Jacques Brel Is Alive And Well And Living In Paris@Village Gate 160 Bleeker St.
1月 4日 11:00 Christmas Spectacular@Radio City Music Hall 1260 6th Ave.
1月 4日 20:00 Crazy For You@Shubert Theatre 225 W. 44th St.
1月 5日 20:00 Manhattan Moves@American Place Theatre 111 W. 46th St.
1月 6日 15:00 Hello Muddah, Hello Faddah!@Circle In The Square(downtown) 159 Bleecker St.
1月 6日 19:30 La Boheme@Metropolitan Opera House/Lincoln Center
1月 7日 20:00 Ruthless!@Players Theater 115 McDougal St.

なぜ、この時期に飛んだのか。今となってはまるで覚えていないが、考えられるのは、『Tommy Tune Tonite!』の終了に合わせて、か。1月3日は日曜だから、観た昼公演が最終公演だったはず。当時のトニー・テューンは注目の的だった。
いずれにしても、この回は、堰を切ったようにオフの劇場に足を運んでいる。目玉は最終日の『Ruthless!』だが、とりあえず、ここではミュージカル以外について簡単に触れておく。

『The Big Apple Circus』はホリデイ・シーズンにリンカーン・センターの敷地内にテントを立てて行なわれていたサーカス。
<規模は大きくなく、演出もハッタリが少ないが、よく練られていて、とても楽しい。>と当時の感想に書いてある。すでに記憶の彼方だが、<ゲストとして出演していたシーザーという人のスピード感のあるパントマイム芸が、他ではちょっと観られないもので、感心した。>ともある。
2016年に倒産するが、再建されて昨年暮れからのホリデイ・シーズンには無事リンカーン・センターでの公演が行なわれたようだ。

『La Boheme』はご承知の通りプッチーニのオペラ。日本では1988年に公開された映画『月の輝く夜に』(Moonstruck)に影響されての観劇。$55でオーケストラ後方の席。
出演者は、ミミ=レオナ・ミッチェル、ロドルフォ=リチャード・リーチ、ムゼッタ=ダイアナ・ソヴィエロ、マルチェッロ=クリストファー・ロバートソン、ショナール=ヴァーノン・ハートマン、ショナール=ヤン=ヘンドリック・ローテリング、という布陣。指揮ジョン・フィオーレ。
当時の感想を読むと、第二幕の大人数に驚いている。