The Chronicle of Broadway and me #18

★1991年6月~7月(その1)

4度目のブロードウェイは1991年6月初旬(35歳)。続けて7月の下旬に短期で5度目の渡紐。

1991年は湾岸戦争の年。前年8月のイラク軍クウェート侵攻をきっかけに高まった中東をめぐる世界の緊張関係が、1991年1月17日の多国籍軍によるイラク爆撃で一気に火を噴いた形。
その影響をニューヨーク演劇界も直接受けたようで、観光客激減で劇場への客足が軒並み落ちたと聞く。多国籍軍側についた日本でも、海外渡航自粛の勧告がなされた。それから半年近く経ってから訪れたニューヨークだが、確かにトニー賞授賞式前後にしては賑わっていない気がした。
日本国内では、3月に成田エクスプレス運行開始、4月に新都庁開庁、5月に芝浦のジュリアナ東京オープン、と、バブルの余韻は続く。成田エクスプレスには、すぐには乗らなかった。まだバスの方が安かったからだと思う。
湾岸戦争の流れで海上自衛隊のペルシャ湾掃海派遣が行われたのも、この年。

観劇リストは次の通り。

6月2日 15:00 City Of Angels@Virginia Theatre 245 W. 52nd St.

6月3日 20:00 Cats@Wintergarden Theatre 1634 Broadway

6月4日 20:00 Fiddler On The Roof@Gershwin Theatre 222 W. 51st St.

6月5日 14:00 Gypsy@Marquis Theatre 1535 Broadway

6月5日 20:00 Once On This Island@Booth Theatre 222 W. 45th St.

6月6日 20:00 The Secret Garden@St. James Theatre 245 W. 44th St.

6月7日 20:00 The Will Rogers Follies@Palace Theatre 1546 Broadway

7月20日 20:00 Cats@Wintergarden Theatre 1634 Broadway

7月21日 15:00 Once On This Island@Booth Theatre 222 W. 45th St.

7月23日 20:00 And The World Goes ‘Round@Westside Theatre 407 W. 43rd St.

『Gypsy』は前回に続く再見なので感想は#14をご覧いただきたいが、一つだけ、劇場の変更について書いておく。
このプロダクション、1989年秋にセイント・ジェイムズ劇場で幕を開けたが、1991年1月6日に一旦幕を下ろし、同年4月28日からマーキーズ劇場に移って再び開演している。最終的には、この年の7月28日でクローズするのだが、劇場移動については長い間、湾岸戦争による観客減で閉めたせいだと思っていた。が、日程を見ると戦争勃発より前に閉めているから違うのか。1月に入ってすぐクローズするのはホリデイ・シーズン終了後ということで、よくあること。ただ、そうだとすると、なぜ再開したのか。いろいろと謎。
ここで仮の解答として考えられるのが、直前にマーキーズ劇場で上演されていた『Shogun: The Musical』が短命で終わっていること。1990年11月1日にプレヴュー開始で翌年1月20日にクローズ。そこでマリオット・マーキーズ・ホテル内にあるマーキーズ劇場から、客寄せのための再開依頼が『Gypsy』のプロダクションにあった、ということはあり得ないだろうか。ま、全て想像だが。
そう言えば、この『Shogun: The Musical』にも角川春樹が出資していた。ちなみに、『Gypsy』にはTBSが出資。円高の反映。そう言えば、1993年に観ることになるブルー・マン・グループの『Tubes』がオフのアスター・プレイス劇場で幕を開けるのもこの年。プロデューサーの一人は日本人の出口最一。やはり円高とは無縁ではないだろう。

 

ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ@東京芸術劇場シアターイースト 2018/07/10 18:00

国会記者クラブの腐敗を描いた作品。作・演出/永井愛。良作、力作であり、役者は皆好演であることを前提に、以下、感じたことだけを書く。

国会記者会館。国会議事堂前駅を出たところにある、あそこ。東日本大震災に伴う原発事故以降、その前に並んで何度も声を上げた、あそこ。会館を出入りする記者たちは並んでいる人間に対して一様に無関心に見えた。その屋上が、この芝居の舞台。
客席の空気が緩い。半分ぐらいは、そこで笑うか? というところで緩く笑う。歌舞伎座とあまり変わらない。自分はと言うと、ほとんど笑わなかった。おかしくないわけではない。が、笑う気にならない。明らかにギャグとして用意されている場面もあるが、息抜きであって笑って欲しいわけではないのではないか、と思ったりする。
記者たちの世間ずれしたエリート意識やずる賢さや優柔不断さは巧みに描かれていて見事だが、それに対する安田成美演じるネットメディアの記者のまっすぐな人の良さが気になる。そこが現実より半歩遅れている気がする。彼女の側にも深い戦略があり、それが記者クラブとの戦いでどういう事態を引き起こすのか、というところまで観たかった。ないものねだりかもしれないが。
次作にさらなる期待。

Harry Potter And Cursed Child(part one & two)@Lyric Theatre(214 W. 42nd St.) 2018/06/03 14:00 & 19:30

IMG_0651ミュージカルじゃないんで当初は観るつもりはなかったのだが、期間限定の『The Beast In The Jungle』を観るための渡紐を決めて時間に余裕ができたので、それならと、トニー賞の振付賞ノミネーションが気になったこの作品を観ることにした。が、そこからが一苦労。おいそれと取れるチケットじゃなかった……って話は追って。

以下、ひと月ほど前にMen’s Preciousのサイト(https://precious.jp/list/mensprecious/)に書かせていただいた原稿を若干改訂して載せます。

ニューヨーク演劇界のトニー賞に当たるのが、ロンドンのオリヴィエ賞。昨年、同賞の11部門でノミネートされ、作品賞を含む9部門で受賞という過去最高の記録を打ち立てたのが『Harry Potter And The Cursed Child』(邦題:ハリー・ポッターと呪いの子)だ。
そのロンドンのオリジナル・キャストから7人が今回のブロードウェイ・プロダクションに参加。主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞を受賞した3人(ハリー・ポッター役ジェイミー・パーカー、ハーマイオニー・グレンジャー役ノーマ・ドゥメズウェニ、スコーピアス・マルフォイ役アンソニー・ボイル)はそろってやって来ていて、トニー賞の同じカテゴリーで3人とも再び候補になった。なかでもアンソニー・ボイルは素晴らしい。結局、トニー賞では計10部門でノミネート、作品賞を含む6部門で受賞。この結果を受けて、チケット争奪戦にはさらに拍車がかかるだろう。

ネットの一部ではミュージカルとして紹介されていたりもするが、ミュージカルではない。誰も歌わないし、純粋なダンスもない。けれども、ミュージカル的に楽しむことのできる舞台ではある。
それを証明するように、ストレート・プレイとしては例外的に、オリヴィエ賞でもトニー賞でも振付賞の候補となっている。場面の変わり目での音楽や効果音に合わせた役者たちの動きが、さながら群舞のように目を惹くのだ。同時に、音楽(イモージェン・ヒープ)も魅力的。
加えて魔法の表現。題材から言って魔法がどんなふうに出てくるのか興味が湧くかと思うが、その手法が多彩。文字通りマジシャンのテクニックを使ったものから、歌舞伎の早替わりを思わせるものまで、様々な形でアッと言わせてくれる。もちろん高度な映像技術も含め機械的手法も使われるが、むしろ人力が主であり、その辺りが逆に驚きを大きくしていて面白い。同じ劇場でやっていた『Spider-Man:Turn Off The Dark』が空しく劇場内を飛び回るだけだったのと対照的だ。
パート1とパート2に分かれているので、両方観ると半日がかりの観劇になるが、それだけの価値は充分にある。
話の内容は、大人になったハリー・ポッターと魔法学校に入った息子との父子の葛藤を軸にした物語。時間を行き来する冒険の中で、過去の様々な人物や事件が伏線として登場するという、シリーズのファン向けの楽しみも多く準備されているが、全く知識がなくても、それなりに楽しめる作りにもなっている。ちなみに、ロンドン版開幕後に、ジャック・ソーンとジョン・ティファニーの書いた脚本を元にした本が正式にシリーズ最新作として出版され、日本語版も出ているので、予習されたい方はそちらを(前述の邦題は、その本のタイトル)。

さて、チケットの入手方法だが、通常のルートで買おうとすると最終的にチケットマスターのハリー・ポッター特別サイト(https://harrypotter.ticketmaster.com/)に行き着く。もちろん、ここですんなり買える場合は問題ない。ところが、これがなかなかうまくいかない。パート1、パート2があって、セットでまとめ買い、別々に選んでまとめ買い、全く別々に買う、という選択肢の設定が複雑なせいではないかと思うが、とにかく先に進めない。オンライン・チケット売り出し初日の申し込み開始直後のような状態になる。ここで挫折するというのが現状。
そこでオススメするのが、BROADWAY.COM(https://www.broadway.com/)で購入するという方法だ。こちらは比較的すんなり買える。結局20%程度の手数料を取られることになるが、普通に買っても手数料は取られるので、そこは目をつぶりたい。お試しあれ。

なお、BROADWAY.COMで予約した場合、チケット受け取りの窓口が異なるので注意が必要。通常はリリック劇場の42丁目側の入口にあるボックス・オフィスで受け取るが、BROADWAY.COMで予約したチケットは、裏側にあたる43丁目側の入口で受け取り、そこから入場することになる。間違えて慌てないよう、ご確認を。

 

The Chronicle of Broadway and me #17

19905月(その6

残るBlack And BlueJerome Robbins’ Broadwayについては、それぞれ#8と#9で触れたので、ご覧ください。

さて、例によって、トニー賞を参考にしながら、1989/1990シーズンを振り返ってみるが、このシーズンにブロードウェイに登場して、この時に観なかったミュージカルは次の5本(日付はプレヴュー開始日~クローズ日)。

『Sweeney Todd』1989年8月5日~1990年2月25日
『3 Penny Opera』1989年10月19日~1989年12月31日
『Prince of Central Park』1989年10月24日~1989年11月11日
『City of Angels』1989年11月21日~1992年1月19日
『Aspects of Love』1990年3月19日~1991年3月2日

上の3本は、前回渡米と今回渡米の間に開幕して閉幕、といずれも短命。ハナから観ることができなかった作品。
問題は残る2本。なぜ観なかったか。
『City of Angels』はチケットが買えなかった。何度も言うが、当時はニューヨーク到着後にチケットを買う方式だったので、人気の演目は買うのが困難だった。
一方の『Aspects of Love』はと言えば、思い出すに、なんとなく観なかった(笑)。ロイド・ウェバーのロンドンものだってことで消極的だった、ような気もする。結果、翌年の渡米時には終了していて観られないまま。まだミュージカル好きとしての性根が据わっていない時代だった、ということで(笑)。

で、トニー賞。
作品賞、楽曲賞、脚本賞、主演男優賞、助演女優賞、装置デザイン賞が『City Of Angels』
演出賞、振付賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、照明デザイン賞が『Grand Hotel:The Musical』
リヴァイヴァル作品賞、主演女優賞が『Gypsy』
結局、3本で分け合っている。そういう意味では、この年もまだ不作だった。とはいえ、最大の話題作を観ていないわけで……。

そんなこんなで、『City Of Angels』は翌年に持ち越し。てか、翌年観られてホントによかった、と改めて思う。

ちなみに、短命に終わった3本の内の『3 Penny Opera』は、あのヴァイル&ブレヒトの『三文オペラ』のリヴァイヴァルで、スティングやモーリン・マクガヴァンが出演していたが、日本では角川春樹が出資していることで少し話題になったことを思い出した。そんな時代。

(追記)このシーズンの1990年4月28日に『A Chorus Line』の初演プロダクションが15年近いロングランの幕を下ろしている。いつでも観られるつもりで観ないでいたので、少しショックだった。

ANOTHER WORLD/Killer Rouge@東京宝塚劇場 2018/7/4 13:30

紅ゆずる、ついに本領発揮! 星組トップ・スターとしての自信に満ちあふれた舞台。いや、正直ここまで長かった。期待されながらクラシックで2着続きだった素質馬が3歳暮れの有馬記念で勝つ、みたいな(笑)。

『ANOTHER WORLD』(作・演出/谷正純)は、紅ゆずる率いる星組にしかできない、宝塚としては破格のコメディ。
サブタイトルが「RAKUGO MUSICAL」で、落語の死後の世界にまつわる複数の噺を寄せ集めて作られているが、中心になる噺が上方落語の「地獄八景亡者戯」(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)。これが成功の元。コテコテの大阪人、紅ゆずるに演じさせるにあたり上方落語の大ネタを持ってくるなんざ、あ~た、さすが谷先生、エラい!
あたくし上方落語に暗いもので、このネタ知らなかった。おかげさまで観劇後、ネットで亡き米朝師匠の口演を拝見。シビレました。
てなわけで、紅ゆずるも大阪弁遣い放題で自由闊達に演じまくる。一方、二番手の礼真琴は江戸川生まれ。なもんで、こちらは江戸弁。西と東をないまぜにしたことで舞台の間口が広がり、観客も入りやすくなって、これもうまく転がった一因かと。
全てが完璧かというと必ずしもそうでもなく、いろいろと入れ込んだ他の噺との整合性とか、宝塚歌劇が避けて通れない各生徒の見せ場作りとかについての腐心が見え隠れもするが、そこを紅ゆずるの求心力で半ば強引に運んでいく。貧乏神役・華形ひかるの助演も効いていた。この2人、相性がかなりいいのでは?

一方のショウ『Killer Rouge』も、紅ゆずるの“洗練されすぎない”カッコよさが全編にあふれて、出色の出来。つられて他のメンバーもいきいき。テンションが高かった。
終盤の西城秀樹ナンバー以降の一気呵成な展開に、今回の星組の勢いが集約されている気がする。これからが楽しみ。

松竹大歌舞伎(東コース)@サンシティ越谷市民ホール 2018/7/2 14:00

近江のお兼(おうみのおかね)

曽我綉俠御所染(そがもようたてしのごしょぞめ)~御所五郎蔵(ごしょのごろぞう)

高坏(たかつき)

菊之助を座長とする菊五郎劇団若手による巡業公演。

「近江のお兼」は梅枝の踊り。
2枚の布晒しと下駄を鳴らす振りが、なにげなく見えて、けっこう複雑。そもそも両手で長い晒を振りながら動いて、よく自分で踏まないな、と余計な心配をする素人です(笑)。

「御所五郎蔵」は、菊之助の五郎蔵、梅枝の皐月、彦三郎の土右衛門、米吉の逢州という布陣。もちろん今は菊五郎にははるかに及ばないが、菊之助のこういう役、今後が楽しみ。
五郎蔵と土右衛門の鞘当てを止めに入るのが團蔵、五郎蔵にくっついて来る取り立て屋が橘太郎、というのもうれしい。

一番の見ものが「高坏」。菊之助の次郎冠者の軽妙なこと。下駄タップも力みをまるで感じさせない軽快さ。楽しい。
大名役の團蔵が締めに軽く下駄を鳴らすのも素敵。ここでも橘太郎の太郎冠者が素軽さを見せて見事。萬太郎の高足売もいい感じ。

The Chronicle of Broadway and me #16

★1990年5月(その5)

『Meet Me In St. Louis』観劇当時の感想は次の通り。

<1944年のMGMミュージカルが元、ということからも想像できる通り、古き佳きアメリカのイノセントなラブ・ストーリー。そこにどれだけ芸が込められているか、に期待したのだが、イマイチな印象。ハイスクールのパーティ、ハロウィン、アイススケートなど、趣向を凝らした楽しいダンス・ナンバーもあるのだが、やや凝り過ぎた感のあるセットの場面転換が少しうるさい。電動の豪華なトロリーも生かしきれてなく、もったいなかった。
音楽はいいし、ムードは好きなんだけど。>

この時、まだ、ヴィンセント・ミネリ監督、ジュディ・ガーランド主演の同名映画(邦題『若草の頃』)は観ていない。まあ、観ていたとしても舞台の感想は変わらないだろう。より物足りなく思ったかもしれない。なにしろジュディ・ガーランドが出ていないわけだから。それぐらいに映画はガーランドのために作られている。
それよりも、この舞台にMGMミュージカルの常連でもあったベティ・ギャレットが出ていたのに、当時まだ彼女のことを知らなかったのが残念。もっと目に焼き付けておきたかった。
いずれにしても、1989年10月にプレヴューを開始して、トニー賞4部門で候補になるも受賞はなく、授賞式直後の1990年6月10日にクローズ、という興行的には全くの失敗作に終わっている。演出のルイス・バークが、細君でもある振付のジョーン・ブリックヒルと組んでメインのプロデューサーにもなっていた。第三者的に的確な判断のできるプロデューサーがいなかった辺りにも失敗の原因があるのかもしれない。

2007年になってオフのアイリッシュ・レパートリー劇場で再びこの作品に出会うが、そちらは、よりコンパクトにまとめたヴァージョンになっていて、家庭劇として楽しめた。

ちなみに、タイトル・ナンバーでもある「Meet Me In St. Luis」は、1904年に開催されたセントルイス万博のテーマ曲。つまり、三波春夫の「世界の国からこんにちは」と同じ趣向というわけ。いや、一度そう言ってみたかっただけです(笑)。